堺市ロゴ

教科等指導研修「国語 第1回」を実施しました。

 平成20年5月23日(金)、堺市立学校園の教員を対象に、学校教育部 企画推進グループ 夏原美津子指導主事を講師に招き、教育センター(ソフィア・堺)研修室で教科等指導研修「国語 第1回」を実施しました。
 本研修は、教科等指導に関する専門的知識・技能の習得及び実践的指導力の向上を図ることを目標に実施しています。今回は、「生きる力を育てる国語科学習の提案―経験を生かした説明文の学習―」について講演と演習を実施しました。
 受講後、参加者から「教科書教材の活用だけでなく、教材を作成することで、児童生徒にあった学習になることがわかった」「適切なモデルの提示が効果的な学習につながることに気づいた」「限られた字数の中で思いを伝えることの必要性と、字数を制限することで育つ力がわかった」「授業には、教師の創意工夫が必要であると感じた」「学習材にそって説明文を実際に書く参画型の研修は、学習の手順がよくわかりよかった」等の感想が聞かれました。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

新任支援学級担任教員研修(第1回)を実施しました。

5月22日(木)、堺市教育センター研修室1・2で新任支援学級担任教員研修(第1回)を実施しました。最初に、堺市教育委員会特別支援教育担当の美馬環参事から「堺市の特別支援教育についての概要と、支援学級担任としての心がけ」という題で話がありました。その後、堺市立はるみ小学校の阪本恵子教諭から「わたしの支援学級経営」という題で、実際の取り組みの写真を交えての話がありました。研修終了後も、阪本教諭が持参した教材を手に出席者との熱心な話し合いが行われていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「堺・教師ゆめ塾」(第13回)の講座を実施しました。

5月17日(土)、堺市教育センターで「堺・教師ゆめ塾」(第13回)が開かれました。午前には選択講座(学級授業づくり講座 砲箸靴萄羯堽美原西中学校の難波敏郎校長による「道徳教育について」の講演が、読み物教材「カーテンの向こう」を使っての演習を交えて行われました。午後には必修講座(学級授業づくり講座◆砲箸靴萄羯垓軌薜儖会の間地洋介総括指導主事による「指導案作成と指導」の講義のあと、グループに分かれて演習が行われました。
次回は5月31日(土)の予定です。午前には選択講座(学級授業づくり講座)として堺市立若松台中学校の宇都木愼一教諭による「学級だよりの作り方」の講演を、午後には必修講座(学級授業づくり講座ぁ砲箸靴董嵬狼室業とグループ討議」の演習を予定しています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

新規採用学校事務職員研修(第3回)を実施しました

画像1 画像1 画像2 画像2
5月14日(水)、新規採用学校事務職員研修を実施しました。
今回は、実務研修として、教育センター浦指導主事から、教育情報ネットワークについて、学務課から鈴木晴彦主幹、黒島洋和係長を講師に迎え、学籍や就学援助等について、実務上のポイント及び留意点などを学びました。
受講者からは、「とても緊張感をもって取り組めた。」「現在、実際に取り組んでいる業務についての説明をいただけたので、今後に活かしていきたい。」などの声が寄せられ、受講者は、自身の日々の業務に照らし合わせ、確認や参考にするとともに課題を追求するなど、積極的な姿勢で研修に取り組んでいました。

10年経験者研修開講式を実施しました

画像1 画像1 画像2 画像2
5月9日(金)、10年経験者研修開講式を実施しました。
法定研修である本研修は、10年経験者の指導力や資質の向上をめざし、教育センターでの研修の他に社会体験研修、大学連携講座、及び校内の研修など、多面的、総合的な研修を実施するものです。
今年度の受講者は、小・中学校あわせて10名で、教育センター所長から、「10年経験者研修に期待すること」として、研修に対する心構えや意義と目的について講義を受けました。
また、昨年度の受講者である、はるみ小学校田中章江教諭による先輩講話では、「自分の糧にすること」「交流を深めること」など、研修を実りあるものにするためのヒントを示唆いただきました。
受講後のアンケートからは、「10年研修で得られた成果を、校内でも伝達していきたい」「謙虚な姿勢で学び続ける」「自分自身の投資にしたい」などの声が寄せられ、研修に積極的に取り組んでいこうとする意気込みが感じられました。

理科教材講習会「学習園の作り方」を開催しました

5月14日、学校園の教員を対象に、理科教材講習会「学習園の作り方」を開催しました。元堺市立野田中学校長で、現在堺市都市緑化センター相談員をされている北野敦美先生を講師に招き、学習園に最適な土作り等について講習していただきました。また、講習会の最後には、学習園に植える草花の苗を配りました。受講者からは、「今日の講習会はとても参考になりました。理論が学べたので実践に生かしていきたいです。」「土壌について興味深い話が聞けてよかったです。体験に基づいた話で、話題が豊富で面白かったです。」などの意見があり、有意義な講習会になりました。
画像1 画像1

TV会議システムを使って市外の小学校と学校間交流を実施しました

堺市中区の深井小学校と北区の金岡南小学校、守口市立南小学校、豊能町立吉川小学校の4小学校の児童が、5月15日、TV会議システムを活用した学校間交流授業を実施しました。この取組は、関西経済連合会の情報通信委員会が一昨年から実施している「教育へのIT活用プロジェクト」の一環で、小学校の稲作学習をテーマに、ITを活用し、取組に参加した小学校の児童が自分たちの取組を紹介したり、相手からの質問に答えたりする双方向の交流を行おうというものです。この日は、9時40分から4校間の交流授業を開始し、初めての顔合わせということで、まず、それぞれ自分の学校を紹介したり、校歌を歌ったりしました。その後、米作りの専門家の佐能正剛さん(食とみどり技術センター)から稲作についての話などがありました。遠く離れている4校の児童たちですが、スクリーンに映し出される姿やスピーカーから聞こえる声に、お互い、まるですぐそばにいるような感じで1回目の交流を行いました。(写真左は深井小学校の様子、右はスクリーンに映った4校の様子です。)
画像1 画像1 画像2 画像2

教科等指導研修「(1)教科学習指導法」を実施

 平成20年5月8日(木)、堺市立学校園の教員を対象に、大阪教育大学 馬野範雄 准教授を講師に招き、教育センター(ソフィア・堺)研修室で教科等指導研修「(1)教科学習指導法」を実施しました。
 本研修は、教科等指導に関する専門的知識・技能の習得及び実践的指導力の向上を図ることを目的に実施しています。「(1)教科学習指導法」は、全ての教科学習の総論として各教科に関わる指導法についての研修を行います。
 第1回は、平成20年度学力調査問題を実際に読み解きながら、求められる学力についての分析を行いました。また、詩「生きる」(谷川俊太郎)の群読の演習を通して、児童生徒が全員参加できる授業の工夫について考えました。
 受講後、参加者から「参加し演習する中で、子どもの立場に立って授業について考えることができた」「『考える・発表し交流する・比較しさらに考える』という授業の組立てに関する提案は、大切だと感じた」「詩の学習を通して、多様な考えを認め合う授業のイメージが、よく伝わってきた」「考えさせる発問をすること、理由や感想を話し合うことで認めあうようにすることの大切さを改めて感じた」等の感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

新規採用学校事務職員研修(第2回)を実施しました

画像1 画像1
5月2日(金)、新規採用学校事務職員研修を実施しました。
今回は、実務研修として、学校教育部学校経理グループより笠島大哉さん、施設課より北口智子主査、山本千秋さんを講師に迎え、市費事務や、校舎修繕料等について実務上のポイントや、注意点などを学びました。
研修では、基本的かつ実践的な内容が中心となり、日々の実務に生かせるものとなりました。また、丁寧な解説とともに少人数の特性を生かし、質問の時間も充分に設けられるなど、受講者が積極的に参加できる研修となりました。
アンケートからは、「理解の度合いを確認しながら、わかりやすく教えていただきよかったです。」「講師の方の説明が丁寧だったので、質問しやすかった。」などの声が寄せられ、それぞれのスキルアップが図られました。

「堺・教師ゆめ塾」(第12回)の講座を実施しました。

4月19日(土)の午後、堺市教育センターで「堺・教師ゆめ塾」(第12回)の必修講座(堺市教育講座)が開かれました。作家の中谷彰宏塾頭の講演と演習で、講演では「教師になるという夢を実現して終わりではなく、堺から世界に目を向け、リーダーを育てる教師になってほしい。」という話がありました。演習では「だれもが壁にぶつかり、その壁を乗り越えて成長していく」という話をふまえ、『もし仕事を辞めたくなったらどうすればよいか』というテーマでグループ討議が行われました。
次回は5月17日(土)の予定です。午前には選択講座(学級授業づくり講座 砲箸靴萄羯堽美原西中学校の難波敏郎校長による「道徳教育について」の講演を、午後には必修講座(学級授業づくり講座◆砲箸靴萄羯垓軌薜儖会の間地洋介総括指導主事による「指導案作成と指導」の演習を予定しています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「小学校新任理科主任講習会」を開催しました。

4月30日「小学校新任理科主任講習会」を開催しました。講習内容は以下のとおりでした。
・ 理科室の経営について
・ 薬品や器具の安全な扱い方について
・ 実習「薬品の調整」「ガスバーナー操作とガラス細工」「アルコール引火時の対応」
・ 危険な動植物について
・ 理科ネットワークの活用について
・ ものづくり「階段の上下でオンオフできるスイッチ作り」
 ※学校行事等で出席できなかった新任理科主任は、必要ならば資料を送りますので、教育センター科学教育グループまで連絡ください。

画像1 画像1 画像2 画像2

校内研修担当者研修(第1回)を実施しました。

 平成20年4月25日(金)、堺市立学校園の研修担当者を対象に、柏原市立玉手中学校 小畑 壽 教頭(元大阪府教育センター主任指導主事)を講師に招き、教育センター(ソフィア・堺)研修室で『校内研修担当者研修(第1回)』を実施しました。
 本研修は、各学校園で実施している研修の運営及び内容の充実に向け、担当者の専門的知識を高め、実践的指導力の向上を図ることを目的に実施しています。第1回は「校内研修のすすめ方と学力向上に向けた授業のあり方」について、実際の授業ビデオを活用した具体的な授業提案やワークショップ型を取り入れた研修を実施しました。
 幼稚園・小学校・中学校の研修担当者110名が受講し、受講後「子ども一人一人を大切にし、子どもが主役の授業作りから始めることを再確認できた」「研修推進のための、組織作りの大切さとチーム力の必要性を感じた」「子どもは必ず伸びるという信念のもと、学校全体で取組みを継続することの大切さを感じた」「肯定的評価による、学習意欲向上の効果を感じる報告であった」「『授業で子どもを育てる』あたり前だけれど大切なことを改めて感じた」等の感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

理科教材講習会「電気のはたらき」を開催しました

画像1 画像1
4月23日、小学校4学年の教員を対象に、理科教材講習会「電気のはたらき」を開催しました。単元に出てくる実験をワークシートに沿ってわかりやすく行いました。また、物理的な単元では、ものづくりを行うよう学習指導要領に示されていますので、参加者は備長炭とアルミ箔を使って「備長炭電池」を製作し、電子オルゴールを鳴らしました。参加者からは、「実験ができ、とても楽しく参加できました。」「すぐに授業に使える内容でとても良かったです。これからこの単元に入るのに不安でしたが、楽しみになってきました。」などの意見があり、有意義な講習会になりました。
教育センターではこの教材のワークシートや資料の入ったCDを作成していますので、希望があれば連絡してください。

特別支援教育研修(第1回)を実施しました。

4月22日(火)、堺市教育センター研修室1・2で特別支援教育研修(第1回)を実施しました。最初に、堺市教育委員会特別支援教育グループの松久眞実指導主事から「堺市の特別支援教育コーディネーターの役割」という題で話がありました。その後、グループに分かれて実践交流会が開かれました。出席者からは「同じ中学校区や近くの校区にある、いろいろな校種の先生方との話し合いで、各学校園の目標・組織などの取組や実態の話しが聞け、とても参考になりました。」という声がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2

適応指導教室の紹介

 適応指導教室は、心的要因による不登校児童生徒に対して、個別支援やグループ支援を通して学習意欲や人と関わる力を高め、学校復帰に向けて支援しています。「家庭から学校への中間ステーション」であるとよく言われ、家の中に閉じこもりがちであった子どもたちが、学校に復帰するためのワンステップとしての役割をもっています。
 入室については、学校を通しての手続きが必要になりますので、学校とよくご相談ください。
 堺市適応指導教室は、阪堺線綾ノ町駅の近くのスプリングポートと美原中央公民館のマナビスト館2階のユーアイルームの2ヵ所となっています。
 スプリングポート 堺区錦之町西2丁2−34
            Tel 232−5053  Fax 232−5073
 ユーアイルーム  美原区黒山167−1
            Tel 362−2554  Fax 362−6501

画像1 画像1 画像2 画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130