堺市ロゴ
令和6年度「堺科学教育フェスタ」申込受付中!(6月16日まで)申込方法は、記事をご覧ください。

教育委員会からのお知らせ(各学校園の最新記事はこの記事の下をご覧ください)

令和6 年度 中堅教諭等資質向上研修(15 年次対象)における必修研修

5月20日(月)・21日(火)にソフィア堺にて、「令和6 年度 中堅教諭等資質向上研修(15 年次対象)における必修研修」が行われました。
受講者の感想として「自分が若手だったころにしてもらいたかったことを中心に、若手に対してアクションプランを作成しようと思いました。」「自身が設定した目標を達成できるよう、毎日を過ごしていきたい。若手教員にとって過ごしやすく、風通しのよい職場づくりに努めたい。」などがありました。
写真は、自身の学校での若手教員の育成についてのイメージをブロックを使用して表現している場面です。
画像1 画像1 画像2 画像2

令和6年度 新規採用養護教諭研修(第3回)及び心肺蘇生法実技研修

5月20日(月)にソフィア堺にて、「令和6 年度 新規採用養護教諭研修(第3 回)及び心肺蘇生法実技研修」が行われました。
受講者の感想として「AED講習を自校で実施するときに、養護教諭として、今日学んだことを教職員に伝えたい。日頃の環境整備として、教職員にもAEDの位置を共有しておきたい。」「適切な一次救命処置の方法を理解することはもちろん、救命を要する現場に遭遇したときに、行動する勇気が大切だと感じました。貴重な機会をいただきありがとうございました。」などがありました。
画像1 画像1 画像2 画像2

第2回 通級指導担当者研修

5月16日(木)にソフィア堺にて、「第2回 通級指導担当者研修」が行われました。
受講者の感想として「校内でのアセスメントやそれに対するアプローチを考える上でとても学びになりました。この学びを明日からの校内での対応に生かしていきたいと思います。」「「すぐには変わらないことを理解するが、変わらないとあきらめることではない」ということが心に残った。本当はできる子どもたちを、適切に対応できていなくて本当にできない子どもたちにしてしまうことがないようにアセスメントを丁寧に行いたい。今日のお話を全校に共有して、子どもたちが安心して学べる環境づくりに努めたい。」などがありました。
画像1 画像1 画像2 画像2

幼児教育研修

 5月17日(金)、堺市教育文化センターで、大阪大谷大学 教授 小田 浩伸氏をお迎えし、「多様なニーズのある子どもの理解と支援について〜子どもや保護者の困り感に寄り添うために〜」と題してご講話いただきました。
 子ども支援において大切にしたいことや子どもが安心できる・やる気のでる集団づくりなどについてミニ対話も交えながら研修を進めました。
 参加者からは、「事例をたくさん出して話をしていただいたので、とても分かりやすかった。特に、子どもと大人の物事の見え方の違いについての話がとても興味深く、常に子どもの目線に立って関わることが大切だと感じた。」「子どもへの声のかけ方で『よく見て、聞いて』は、実際に体験してみて分かりにくいものだと実感した。今後は、明瞭、簡潔を意識して伝えていきたい。」「主体性について詳しく知ったことで、子どもたちに必要な力や保育者自身が主体的に動くことの大切さを学ぶことが出来た。子どもたちの自己肯定感を高められるように、具体的に認めたり褒めたりしていきたい。」「『配慮のいらない子どもはいない』という言葉がとても印象に残った。みんなが過ごしやすい、『保育のユニバーサルデザイン』を意識しながら子どもと関わっていきたい。」等の感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2

中学校理科スキルアップ研修「生物探究」

令和6年5月17日(金)、堺市教育センターにおいて、中学校理科スキルアップ研修「生物探究(タンパク質の3D構造と新薬開発)」を実施しました。
最初に、大阪公立大学学大学院 理学研究科の准教授 恩田真紀先生より、タンパク質の構造やX線結晶構造解析について教えていただきました。
また、タンパク質の構造が壊れると、その機能を失ってしまうという性質を確かめるために、GFP(緑色蛍光タンパク質)や消化酵素を使った実験を行いました。
最後に、PCソフトを使った新型コロナ経口治療薬の開発手法について理解しました。
受講者からは「タンパク質の高次構造ソフトを教えていただいたので、画像・映像を生徒に見せて興味・関心をもたせたいです。」「タンパク質のつくりや変性など興味深く聞くことができました。中学生にどのように教えれば良いか工夫してみようと思います。」などの感想がありました。
教育センター能力開発課科学教育グループでは、これからもこのような研修を通して先生方を支援し、子どもたちが科学的に探究する力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

小学校理科教材研修3年「チョウを育てよう・こん虫のかんさつ」

令和6年5月9日(木)、堺市教育文化センター(ソフィア・堺)において、小学校理科教材  研修3年「チョウを育てよう・こん虫のかんさつ」を実施しました。
 研修では、まず、チョウや昆虫等、3年生の1年間で学習する「生命」領域の内容について観察のポイント等について学びました。次に、「堺自然ふれあいの森」のスタッフから、チョウの生態や飼育について学びました。また、「堺自然ふれあいの森」で体験できる、環境教育プログラムについても学びました。
 受講者からは、「チョウのオス・メスの区別、種類、育て方など、大変役立つ知識を得ることができました。」「以前の学習ではうまくできなかったので、子どもたちに飼育の達成感を味わわせたいなと思いました。」といった感想がありました。
教育センター 能力開発課 科学教育グループでは、これからもこのような研修を通して先生方を支援し、子どもたちの科学的な問題解決の力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2

令和6年度 新任支援学級担任研修

 4月16日(火)にソフィア堺にて、「新任支援学級担任研修」が行われました。
 受講者の感想として「子どもたちの自立活動を考える際,6区分の中のどれが当てはまるのかを見取り,その子に合った自立活動を考える大切さを改めて学びました。支援学級の運営にあたり,知りたいことのニーズに合った研修でした。また,このような具体的な研修を希望します。貴重なお話,ありがとうございました。」「自立活動の大切さ、重要性などを初めて知りました。今後子どもたちの実態を踏まえながら、保護者、教員と相談して、計画的に自立活動をしていきたいと思いました。」などがありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

第1回 通級指導担当者研修

4月12日(金)にソフィア堺にて、「第1回 通級指導担当者研修」が行われました。
受講者の感想として、「アセスメントが大切と改めて感じました。今年から開設なので、あれこれとしたいことを思い描いていますが、失敗経験を重ねないようにしっかり準備して臨みたいと思います。引き出しを増やすことが目的ではないですが、その子にあったトレーニングを選べるように、勉強もしていきたいと思います。ありがとうございました。」「通級指導で大切なこと、役割についてのお話は分かりやすく、本校の職員と必ず共通理解したうえで指導をスタートしたいと思いました。」などがありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

令和6年度「堺サイエンスクラブ」会員募集!(6年生)

理科大好きな堺の小学校6年生を募集します。
5月から年間約15回にわたり、科学に関わる様々な取組を行います。
理科が好きな堺の小学生が集い、観察・実験に取り組み、自由研究活動の進め方について共に学び高めあい、発表会を行います。また、科学についての講演会や、科学イベントに参加し、様々なフィールドでたくさんの「学び」「発見」を体験します。
教育センターで実施する観察・実験はもとより、大阪公立大学等での科学実験や見学会への参加などを体験することで、観察・実験の技能だけでなく科学的思考力や科学に取り組む姿勢などを高めます。
 活動は主に土曜日や夏休みです。
 この取組は、大阪公立大学が実施する「未来の博士育成ラボラトリー」とも連携しています。
サイエンスクラブの活動内容を説明した動画をオンデマンド配信しています。入会を検討される方はご覧ください。

堺サイエンスクラブについての詳細はこちらをクリックしてください。
説明動画は、こちらをクリックしてください。
申込は、「堺市電子申請システム」から申し込めます。(申込期間:4/8(月)〜4/22(月))

画像1 画像1 画像2 画像2

小学校理科教材研修6年「ものが燃えるしくみ」

令和6年4月10日(水)、堺市教育文化センター(ソフィア・堺)実験室1において、小学校理科教材研修6年「ものが燃えるしくみ」を実施しました。
 研修では、まず小学校学習指導要領解説から「子ども主体の問題解決活動」の重要性について確認しました。
次に、導入において、児童が単元全体にかかわる問題意識をどのようにしてもつのかについて考えました。今年度から教科書が改訂され、キャンドルランタンが導入の主教材になっています。キャンドルランタンのろうそくを燃やすことから、ものが燃えることと空気との関係に着目した考えをつくり出す取り組みを紹介しました。
そして、「ものが燃えることと、空気の入れ替わりや空気の通り道にどんな関係があるのだろうか。」「空気の成分の中で、ものを燃やすはたらきのある気体は何だろうか。」「燃焼前と燃焼後の空気の成分は変わるのだろうか。」という子どもの問題を解決するための検証実験を行いました。また、火気を扱う危険な活動や実験が多いので、その際の注意点について実験をしながら考えました。
受講者からは、「今までの導入と違い、次の実験とのつながりがよく分からず、困っていましたが、ランタンを使用する導入の仕方が分かって良かったです。」「実際に実験器具を使って全体の予備実験ができたので、すごく勉強になりました。単元の流れも分かりやすかったです。」「とても、参考になりました。明日からの理科の授業、初めてのことでドキドキしていました。特に問題解決が大切だということを授業に生かしたいです。」などの感想がありました。
教育センター 能力開発課 科学教育グループでは、これからもこのような研修を通して先生方を支援し、子どもたちの科学的な問題解決の力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

令和6年度 堺・教師ゆめ塾セミナー生募集について

堺・教師ゆめ塾セミナーでは、

・堺市立学校園で教科学習の指導補助等の活動を行う学校実習の機会の提供
・ゆめ塾セミナーの講座及びゆめ塾セミナー担当指導員の実地指導

上記2点で教育実践理論や技能の習得と実践への活用を往還させ、次代の学校教育を担う人材を育成することをねらいとしています。

対象は、堺市教員をめざす大学3回生以上、大学院生、社会人で堺・教師ゆめ塾セミナーに登録した人です。

活動内容は、
○教科学習の指導補助(授業補助・個別指導補助・実験実習補助・実技指導補助 等)
○「総合的な学習の時間」や体験活動の指導補助
○学級活動・学年活動の補助
○行事の補助(泊をともなうものは除く)
○登下校時・休み時間・放課後等の活動
○その他 教育委員会が認める事項
など、多岐にわたります。

活動場所は、
堺市内の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・支援学校です。
希望校種・学校園があれば登録書に記入いただけます。

詳細はこちらからご確認のうえ、申し込みください。
ご不明な点等ございましたら、堺市教育センター 能力開発課 研究グループ(270−8120)までお問い合わせください。


令和6年度 堺・学校インターンシップ生の募集について

堺市教育委員会では、次代の学校教育を担う人材を育成するとともに、
学校園の活性化を図るため「堺・学校インターンシップ」を実施します。

対象は教員志望の大学1・2回生です。

「子どもたちと一緒に活動したい」
「学校現場のことや先生の仕事をもっと知りたい」
という気持ちがある方をお待ちしています。

活動内容は、
○教科学習の指導補助(授業補助・個別指導補助・実験実習補助・実技指導補助 等)
○「総合的な学習の時間」や体験活動の指導補助
○学級活動・学年活動の補助
○行事の補助(泊をともなうものは除く)
○登下校時・休み時間・放課後等の活動
○その他 教育委員会が認める事項
など、多岐にわたります。
 
活動場所は、
堺市内の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・支援学校です。
希望校種・希望学校園があれば登録書にご記入いただけます。

詳しくはこちらからご確認をお願いいたします。
ご不明な点等ございましたら、
堺市教育センター 能力開発課 研究グループ
(270−8120)までお問い合わせください。
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
研修G
6/4 研修主任研修
6/6 初任者研修 小学校水泳
中堅教諭研修 5年次 資質向上研修
6/7 初任者研修 小学校 水泳
6/8 初任者研修 小学校 水泳
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130