堺市ロゴ
☆堺市立上神谷支援学校のホームページへようこそ☆

こんな授業をやっています VOL.3

「こころとからだのがくしゅう」 小4
 
 小学部では、その学年の成長に応じて、自分の身体についての授業をしています。4年生は「おとこのこ・おんなのこ」「からだのなまえ」「きもちいいね」の学習をしています。
 「おとこのこ・おんなのこ」は服を着ていると男の子か女の子かがわからなくても、服を脱いだらわかります。それがなぜかをみんなで確認した後、一人一人が、自分が男の子なのか女の子なのかを写真カードを使って発表します。
 「からだのなまえ」は絵本などを使って、自分の身体の部位の名前をみんなで確認します。体調が悪くなったときに「どこが痛い(しんどい)」のかを、伝えることができるようになってほしいためです。
 また、いろいろな言葉を知っている子も、「ふくらはぎ」「まつげ」「こめかみ」など、知らない部位もありました。みんなで一緒に確認しています。
 最後はホットタオルや足湯などで、「きもちいい」体験をみんなで共有する時間を作っています。次回は、友だちとの「距離の取り方」をゲームを通して学習する予定です。 
 高学年になり、少しずつ大人に近づいていくので、ゆっくりじっくりみんなで学習していきたいと思います。
画像1 画像1 画像2 画像2

こんな授業しています Vol.2

 小学部2年生音楽科の授業を紹介します。
 昨年度は、1・2学期は2クラスずつに分かれて授業を行い、3学期から4クラス合同で授業を行ってきました。入学したばかりの1年生にとっては、小集団での活動が適していましたが、少しずつ学校生活に慣れるにしたがって大きな集団で活動できるようになってきました。今年度は1学期から学年全体で授業をしています。

音楽の授業の流れは、
(1)導入『ぼよよん行進曲』(身体表現)
(2)はじめのあいさつ
(3)『みんなで鳴らす楽器の歌』(器楽)
(4)歌『きらきらぼし』
(5)終わりの歌『カマキリマッサージ』(歌唱)
(6)おわりのあいさつ
です。

 (1)は、全クラスが集合するまで行う活動です。音楽に合わせて歩く・ジャンプ・腕を回す・揺れるなどの動きをして身体を動かします。ただ座って待つのではなく楽しみながら待っています。この活動では、音楽の始まりを意識できるようにしています。
 (3)では、楽器を鳴らします。「みんなで鳴らす楽器の音だよ〜 タン・タン」のタン・タンの部分でタンバリンをたたきます。初めはタンバリンに触れる、鳴らすことから始め、徐々に「タン・タン」のリズムを意識していきます。慣れてきたらリズムをかえたり、楽器をかえたりしていこうと思っています。
 (4)では、『きらきらぼし』の歌を振りをつけながら楽しみます。初めて取り組んだ時から子どもたちのお気に入りです。発表する人・待つ人に分かれての活動になりますが、待っている人も曲に合わせて身体を動かしたり、歌ったりしています。低学年で行う七夕集会で歌う曲です。支援学校ではこのような教科間での連携も大切にしています。
 (5)は、担当者に腕をマッサージしてもらい、授業の終わりを意識する活動です。今は担当者から子どもたちにしていますが、今後は友だち同士でも取り組む経験もしてほしいと思っています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
堺市立上神谷支援学校
〒590-0134
堺市南区御池台4丁24番1号
TEL:072-298-2859
FAX:072-298-2861

niwadani-shien@sakai.ed.jp