堺市ロゴ
サかイエンス2019への事前申し込みは終了しました。

第10期「堺・教師ゆめ塾(第13回)」模擬授業2

 平成29年3月5日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第13回)」模擬授業2を実施しました。
 前回同様、塾生一人ひとりがマイクロ・ティーチング形式の模擬授業を行いました。授業後、塾生同士でその成果と課題について協議をし、最後に専門指導員や指導主事から指導助言がありました。
 塾生は、ゆめ塾で学んできたことをふまえながら事前準備に励み、今回の模擬授業や協議にも積極的な姿勢で参加しました。
 塾生からは「授業を通して生徒同士をつなげることの重要性に気づきました。また、一番教えたいことを教師が説明するのではなく、子どもたちに気づかせることが大切だとわかったので、課題や発問を工夫しようと思いました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第12回)」教職教養講座4

 平成29年2月19日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第12回)」教職教養講座4を実施しました。
 教職員人事課 迫川 智幸 管理主事が講師を務め、「不祥事を起こさないために」と題して講義を行いました。
 塾生は、教員に求められる倫理と服務義務について事例を参考にしながら理解を深め、高い倫理観を養うにはどうすればよいのかを考えました。
 塾生からは「時代によって常識も変化していくことがわかりました。自分の行動や考え方を客観的に見つめ、自らの倫理観を常に磨き続けなければならないと思いました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第12回)」模擬授業1

 平成29年2月19日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第12回)」模擬授業1を実施しました。
 本講座では、塾生一人ひとりがマイクロ・ティーチング形式の模擬授業を行いました。授業後、塾生同士でその成果と課題について協議をし、最後に専門指導員や指導主事から指導助言がありました。
 塾生は、ゆめ塾で学んできたことをふまえながら事前準備に励み、今回の模擬授業や協議にも積極的な姿勢で参加しました。
 塾生からは「教材研究の大切さや授業の中で臨機応変に対応することの難しさを実感しました。今日の授業についての反省と気づきを今後の授業づくりに生かしていきたいです。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第11回)」塾頭記念講演

 平成29年2月5日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第11回)」塾頭記念講演を実施しました。
 作家の中谷 彰宏 塾頭(堺親善大使)が「助けてもらっていることに気付けるのが自立だ」という演題で記念講演を行いました。塾頭は「自立するためには、知らない人ともたくさん話し、様々な価値観を知ること。また、自分の思いや考えを自分の言葉で表現し、伝えることが大切である。」と話されました。
 塾生からは、「自分の考えや思いを表現すること、そして他人の価値観を受け入れることの大切さを、子どもたちにも伝えていきたい。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第11回)」スペシャリスト講座2

 平成29年2月5日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第11回)」スペシャリスト講座2を実施しました。
 落語家の露の都さんを講師に迎え、「話し方の極意」と題して、ご講演をいただきました。初の女性落語家として、また、7人の弟子を抱える師匠として、さらに、子育てに奔走した母親として、人を育てることの難しさと奥深さについて語られました。塾生は、子どもを愛する気持ちを自分のことばにして伝えることの大切さを学びました。
 塾生からは「教師になったら、子ども一人ひとりとしっかりと向き合い、愛情のこもった温かいことばをたくさんかけてあげたいと思いました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第11回)」HWディスカッション3

 平成29年2月5日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第11回)」HWディスカッション3を実施しました。
 人権教育課 中島 浩恵 参事が講師を務め、本市の人権教育についての講義とグループディスカッションを行いました。
 塾生は「なぜ教員は人権を学ばなければならないのか」「誰もが安心して学ぶためにはどんなルールが必要か」などの問いについて自分の考えをまとめ、グループで交流しました。さらに全体でグループごとの意見を共有し、中島参事の解説を受けながら理解を深めていました。
 塾生からは「学校や教室がすべての子ども達にとって安心で安全な学びの場となるように、今日の講座をきっかけとしてこれからも学び続けなければならないと思いました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第10回)」授業づくり講座5

 平成29年1月22日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第10回)」授業づくり講座5を実施しました。
 教育センター 鎌田 卓人 指導主事が講師を務め、指導案のつくり方について、講義とグループワークを行いました。
 塾生は「堺版・授業スタンダード」に基づく授業の組み立て方と指導案のつくり方についての講義を受け、グループワークを通して、事前課題として作成した指導案についての検討を行いました。
 塾生からは「指導案の書き方を学ぶことで授業のイメージが明確になりました。」「グループワークでさまざまな視点からの意見を聞くことができ、大変参考になりました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第10回)」卒塾生から学ぶ

 平成29年1月22日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第10回)」を実施しました。
 午前の講座は「卒塾生から学ぶ」と題し、「堺・教師ゆめ塾」の卒塾生であり、現在本市で活躍している、五箇荘小学校 川本 淳司 教諭、陵西中学校 上原 真理 教諭、上神谷支援学校 大江 祥 教諭が講師を務めました。ゆめ塾で学んだことと、その学びを教師としてどのように活かしているかについて話した後、グループワークを行いました。塾生は積極的に発表や質問をしながら、めざす教師像を明確にしていきました。
 塾生からは「教師は最大の教育環境であるという言葉を聞き、教師の責任の重さを感じるとともに日ごろから自らの言動について意識していきたいと思いました」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第9回)」授業づくり講座4

 平成28年12月18日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第9回)」授業づくり講座4を実施しました。
 三国丘小学校 宇多津 勇輔 教諭と教育センター 渡邉 廣 指導主事が講師を務め、言語活動の充実と問題解決的な学習について、講義とグループワークを行いました。
 塾生は「堺版授業スタンダード」に基づく授業の実践報告を受け、グループワークを通して、本市のめざす授業についてイメージを明確にしていきました。
 塾生からは「授業をつくるときのポイントや展開の仕方などを具体的に教えていただき、大変参考になりました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第9回)」堺市教員講座

 平成28年12月18日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第9回)」堺市教員講座を実施しました。
 本市では高い専門性と指導力を有し、優れた教育実践を行っている教員を「授業の達人<マイ☆スター>」として認定しています。その一人である上野芝中学校 船田 弘一 指導教諭が「教職を志す皆さんへ」と題して講師を務め、授業づくりの視点や教師としての心構えについての講義とグループワークを行いました。塾生は、すべての子どもがその教科を好きになるとともに、主体的に学びに向い、確かな学力をつける授業とはどのようなものなのか、実際に船田先生の英語の授業を受けることにより、理解を深めていました。
 塾生からは「よりよい授業を追求し、常に謙虚に教材研究をされている船田先生の熱意と謙虚さに胸を打たれました。私も学び続ける教師になりたいです。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第8回)」スペシャリスト講座1

 平成28年12月4日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第8回)」スペシャリスト講座1を実施しました。
 千房株式会社 代表取締役 中井 政嗣さんを講師に迎え、「育つ人・育てる人の心」と題してご講演をいただきました。千房の創始者として、また企業人としての豊かな経験に基づくお話は、塾生にとって自分自身を見つめ直し、教師としての心の持ち方について深く考える機会となりました。
 塾生からは「人との縁を大切にし、社会貢献を続けてこられた生き方に感銘を受けました。私も子どもや地域の方々の役に立てるよう努力し続ける教師になろうと思いました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第8回)」教職教養講座3

 平成28年12月4日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第8回)」教職教養講座3を実施しました。
 教職員人事課 八窪 陽 主任管理主事が「体罰を許さない教育の実現をめざして」と題して講師を務め、体罰に関する基本的な考え方やとらえ方について話しました。塾生は、実際の事例をもとに、なぜ体罰が起こってしまうのか、またどうすれば防ぐことができるのかについてディスカッションを通して理解を深めました。
 塾生からは「子どもへの対応については、1人で抱え込まずに同僚や管理職に相談することが大切だと分かりました。」「子どもを叱る必要のある場面では、子どもの成長につなげようとする意識を忘れないようにしようと思いました。」などの感想が聞かれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第7回)」教職教養講座2

 平成28年11月20日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第7回)」教職教養講座2を実施しました。
 教職員企画課 松尾 亜紀 管理主事が「教育公務員の勤務と法規について」と題して講師を務め、法規を学ぶことの意義と教員として勤務するにあたり理解しておかなければならない法規について話しました。塾生は、法規を理解し、教員としての生き方の拠り所にすることが重要であることを学びました。
 塾生からは「教員として働くために必要な法規を理解することが、子どもたちに豊かな教育を提供できることにつながるのだと思いました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第7回)」授業づくり講座3

 平成28年11月20日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第7回)」授業づくり講座3を実施しました。
 八田荘中学校 本山 健太 教諭と教育センター 澤野 千絵 指導主事が「教材について」と題して講師を務め、教材の選び方や使い方および教材研究の重要性について学びました。塾生は本山教諭の模擬授業を生徒の立場で体験し、1時間の授業のために本山教諭がどのような準備や工夫をしているのかを話し合いました。
 塾生からは「限られた時間の中で子どもに何を学ばせ、どのような力をつけたいのかを明確にして教材を作ることが大切だとわかりました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第10期「堺・教師ゆめ塾(第7回)」人権教育講座2

 平成28年11月20日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾(第7回)」人権教育講座2を実施しました。
 女性センター 瀧口 住子 館長が「ジェンダーに敏感に 人権感覚を研ぎ澄まして」と題して講師を務め、教員に求められる人権感覚や教職に就く人間としての生き方について、実際の事例や自らの体験をもとに話しました。塾生は、子どもの前に立つにふさわしい人間であるかを自らに問い続けていくことと、どのような状況であっても子どものことを第一に考えた言動を心掛けることの大切さを学びました。
 塾生からは「子どもの発達段階を踏まえたうえで、その時のその子どもの気持ちに気づく感性を磨いていきたいと思いました。」「子どもが傷ついてからケアするのではなく、子どもを傷つかせないことが大切だと学びました。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130