堺市ロゴ

教育委員会からのお知らせ(各学校園の最新記事はこの記事の下をご覧ください)

●堺シグナルがステージ2になりました。感染予防対策を徹底しましょう。
[市HP]「堺シグナル」に伴う対応について

●堺市立学校園の6月1日からの再開及び夏季休業期間等の短縮について 
[市HP]堺市立学校園の再開(6月1日〜)及び夏季休業期間等の短縮について(5月25日情報更新)

●教育委員会から授業動画を配信しています
[リンク]堺市学習支援ページ(動画 J:COM放送分含む)

●堺市の支援などの取組について
[市HP]堺市コロナウイルス関連特設ページ

◆全員喫食制の中学校給食の実施に向け、皆さまのご意見を募集しています(7月15日まで)
[市HP]堺市中学校給食実施方針(案)に対するご意見を募集します

第13期「堺・教師ゆめ塾」(第5回)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
令和元年11月3日(日)堺市人権ふれあいセンターにおいて、第13期「堺・教師ゆめ塾」(第5回)を実施しました。
午前の授業実践力養成講座「道徳の授業づくり」では、はじめに教育センター 森嵜主任指導主事より、「道徳教育と道徳科の違い」について説明がありました。その後、錦小学校 山崎教諭より、「まどがらすと魚」という教材をもとに、模擬授業を通して道徳科の授業の組み立て方等について学びました。
塾生からは、「道徳の模擬授業を通じて、自分はどのようにして考える力を育てることができるのか、うそをつくことや正直でいることを題材に考えを深めていきました。まるで自分がクラスの一員になったかのように、自分の心に問い返し、振り返って考える時間がたくさんあり、交流の中で他の人の考えを知ることも実感しました。今回の講座では、『自分のこととして考えること』の大切さについて学ぶことができました」という感想がありました。
午後の人権教育講座では、「人権ふれあいセンターの大原主任より、「『人権』とは、人が人として当たり前の暮らしができること、自分も相手も大切にされていることである」という話がありました。その後、人権歴史館を見学に行き、冨田先生より、舳松の歴史について講話がありました。その後、見学や話を聞いて思った疑問点を塾生どうし出し合いました。大江先生、大原先生も加わり、疑問に答えていただきました。
塾生からは、「今回、舳松人権歴史館で同和問題について学び、将来教員になって、子どもたちに人権教育をするにあたって、『どんな時にも相手や当事者の立場に立って物事を考えることが大切であると伝えたい』と思いました。また、差別をしてもよいことが生まれることは絶対にないことを子どもたちに分かってもらいたいと思いました。自分で調べるのにも限界や間違った情報があるので、詳しい人や現場の人に話を聞き質問する機会があることは、より深い学びにつながる」という思いが出されました。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130