堺市ロゴ
令和4年度堺科学教育フェスタへの参加には、「堺市電子申請システム」での事前申し込みが必要です。(12月1日から12月23日まで)

教育委員会からのお知らせ(各学校園の最新記事はこの記事の下をご覧ください)

[市HP]学校園における新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応
●登校園前には健康観察(発熱等の風邪症状の有無の確認)を行い、体調不良の際には登校園をお控えください。また、お子さまが濃厚接触者に特定された時や、PCR検査を受ける時には、速やかに学校園に連絡してください。
[市HP]学校園における新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください
●市内の感染状況
[市HP]新型コロナウイルス感染症による学校休業について(休業中または休業が決定している学校園一覧)
[市HP]職員の新型コロナウイルス感染症の感染状況
●差別・偏見の防止に向けて
[市HP]新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて【文部科学大臣からのメッセージ】

「令和4年度堺科学教育フェスタ」を開催します。参加には事前申し込みが必要です。

「令和4年度堺科学教育フェスタ」を開催します。
子どもたちの科学への興味関心を高め、堺のまちへの誇りと愛着を深めることをねらいとして、堺市の産業を支える優れた専門家たちが、体験を通して子どもたちに科学の楽しさを伝えます。
ホールでは、善ちゃんの笑ってためになるサイエンスショー、プラネタリウムでは特別番組の無料投影があります。
※新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、対策を講じたうえで実施しますが、状況により会場でのイベントの中止、または定員や時間の変更を行う場合があります。

日時:令和5年1月28日(土) 午前10時 〜 午後4時
   ※後日、一部動画配信予定
会場:堺市教育文化センター(ソフィア・堺)
堺市中区深井清水町1426番地
申し込み受付期間:令和4年12月1日(木)〜 12月23日(金)23時30分
定員:合計900人(1グループにつき5人まで)

参加には「堺市電子申請システム」での事前申し込みが必要です。申し込み多数の場合は抽選します。
申し込み方法はこちらのポスターをご覧ください。
「堺市電子申請システム」(プラネタ観覧希望あり)の方はこちらからアクセスできます。
※プラネタリウムの観覧時間帯をよく確認してから応募ください。
「堺市電子申請システム」(プラネタ観覧希望なし)の方はこちらからアクセスできます。

スケジュールは、こちらをご覧ください。変更される都度、データと日付を更新します。
お申し込みをお待ちしています。


画像1 画像1

11月25日(金)2学期 教育ICT化担当集合研修(東・美原・西区)

 11月25日(金)に堺市教育文化センター(ソフィア・堺)3階研修室1・2において、東区と美原区と西区の教育ICT化担当集合研修が行われました。中学校区ごとに、実践の共有や、2つの授業モデルから、主体的・対話的で深い学びを実現するにはどのような授業を行っていけばよいか考えるワークショップを行いました。
 研修を受けた先生からは「他校の取り組みを知ることができたのでとても良かったです。今後も自校でもさらに活用できるように取り組んでいきたいと思います。」「ワークショップ中心で,周りの小学校の皆さんのICTに関する実態を知ることができました。考えることがICTを進める一歩だと思いました。」という感想がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月24日(木)2学期 教育ICT化担当集合研修(北区・中区)

 11月24日(木)に堺市教育文化センター(ソフィア・堺)3階研修室1・2において、北区と中区の教育ICT化担当集合研修が行われました。それぞれの中学校区でICTを活用した実践を共有したり、ICTの活用による授業改善について話し合ったりするワークショップを行いました。
 研修を受けた先生からは「他校においての活用状況を知ること。実際の授業をもとにいかに今後の自分たちの授業作りに活かしていくかを共に考えることができ、学びになりました。」「今日の研修を通して,パソコンを使った授業研究に学校全体で取り組んでいくことが大切だと感じました。パソコンのスキル向上だけではなくて,交流に向けた授業展開を考えていこうと思いました。」という感想がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

小学校理科教材研修4年「ものの温度と体積」

令和4年11月10日(木)ソフィア・堺4階実験室2において、小学校理科教材研修4年「ものの温度と体積」を行いました。
はじめに、「ものの温度と体積」の単元における問題解決の流れを確認しました。特に、「粒子領域」の理科の見方「質的・実体的な視点」や4年生の問題解決の力の重点について考えました。
次に、この単元の授業の流れに沿って、実験しながら授業の展開を考えました。導入の実験では、いくつかの実験道具(ポリエチレンの栓、せっけん水、ペットボトルなど)を使った実験を行いました。
また、空気や水の温度と体積の関係について調べるために、ガラス管の代わりに透明ビニル管を用いることで、上だけでなく、色んな方向にゼリーが移動することが分かる実験装置を紹介しました。
最後に、ICT端末を用いて、学習したことをまとめる方法を紹介しました。あらかじめ、写真を貼る位置、結果、考察の欄があるシートを配布することで、子どもたちがまとめやすくなる手立てについて研修しました。

受講者からは「初めての実験でとても不安でしたが、実験の仕方や用意するものなどがとてもわかりやすかったです。楽しく学べました」などの感想がありました。

教育センター 能力開発課 科学教育グループでは、これからもこのような研修を通して先生方を支援し、子どもたちの科学的な問題解決の力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1

2022年度関西大学との地域連携事業 幼児の運動能力を高める運動遊び研修会「保護者と子ども対象の講習会」

 11月19日(土曜)、堺市と関西大学の地域連携事業として、北区のふくろうの森学園にて講習会を開催しました。大阪国際大学短期大学部幼児保育科の玉井久実代准教授から、親子で体力アップにつながる楽しい運動遊びの紹介があり、参加してくださった皆様と存分に体を動かす時間を共有することができました。とても温かい雰囲気のなか、親子でコミュニケーションをとりながら楽しく体を動かし、つもり遊びや親子鬼ごっこなどをして、多様な動きの獲得につながる運動遊びについて知ることができました。
 幼児の運動能力を向上させるためには、遊びを中心とした身体活動を生活全体の中に確保していくことが大切です。家庭等でも子どもの多様な動きの経験や、体の動きを調整する力などを高められるように、ぜひ運動遊びの工夫に取り組んでみてください。

画像1 画像1
画像2 画像2

小学校理科教材研修3年「電気で明かりをつけよう」

まず、豆電球と乾電池とソケット付き導線を使って、豆電球に明かりがつく時とつかない時の原因について考えました。豆電球や導線が切れていたり、電池の電圧が下がっていたりして、回路に電流が流れないときに点灯しないことを、活動を通して研修しました。 
次に、指導内容や単元の系統性について確認しました。
そして、3年生の子どもになったつもりで、自動車模型の豆電球が点いたり消えたりする様子を見て、子どもたちがもちそうな疑問を考えました。そこから、乾電池と豆電球をどのようにつなげば点くのか、どのようにつないだ時は点かないのか、などについて、実際に子どもたちが活動するように実験しながら考えました。子どもが身の回りの物で金属だけが電気を通すことを実感を伴って理解する指導についても考えました。

受講者からは、「比較という3年生の理科の考え方のテーマに迫る具体的な授業の仕方が知れてよかった。」「教科書の内容のプラスαを知ることができ、学年に持ち帰ってやってみます。理科の入り口、楽しく取り組めそうです。」などの感想がありました。

教育センター能力開発課 科学教育グループでは、これからもこのような研修を通して先生方を支援し、子どもたちの科学的な問題解決の力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2

小学校理科教材研修5年「ふりこのきまり」

令和4年11月9日(水)、11日(金)堺市教育文化センター(ソフィア・堺)4階実験室1において、小学校理科教材研修5年「ふりこのきまり」を実施しました。

はじめに、小学校学習指導要領理科における目標や5年生として大切にされている「条件制御」という考え方、「予想や仮説を基に、解決の方法を発想する」という問題解決の力、エネルギー領域での見方として、量的・関係的な視点で捉えることについて確認しました。
次に、児童が興味を引く自然事象の見せ方、導入の仕方を紹介した後、児童の立場に立って実験を行い、結果の共有方法についても研修しました。

受講者からは、「私自身がすごく不思議に思える体験ができました。実際に実験をしてみて、注意しないといけないことや児童への声かけについても考えることができました」「教科書に載っていない方法もたくさん知ることができ勉強になりました。教材研修ではいつも実験をさせていただけるので、授業の見通しがもて助かります」「データの共有、とても参考になりました。PCを活用して実践してみます」「教えていただいた教材を実際に授業で使おうと思います。子どもたちも興味をもってくれそうなので、実践した結果を報告させていただきます」などの感想が寄せられました。

教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修を通して先生方を支援し、子どもたちの科学的問題解決の力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

11月18日(金)ドリルパーク基本操作研修

 11月18日(金)の午後に教育センターセミナールーム1にて、ドリルパーク基本操作研修を行いました。堺市では、全児童生徒がデジタルドリルである「ドリルパーク」を使用できます。デジタルドリルの特徴である「児童採点機能」や「リアルタイム進捗確認」などを実際に子ども役と先生役に分かれて体験をしながら活用方法を学びました。
画像1 画像1
画像2 画像2

11月18日(金)教職員向けリテラシー研修

 11月18日(金)にTemasのオンライン機能にて「教職員向け情報リテラシー研修」を行いました。
11月7日に行われた一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会専務理事の久保田様の講演を録画したものを配信しました。学校における著作権の扱いについて(著作権法35条)気を付けることなどを実際のケースを織り交ぜながら説明いただきました。
動画を視聴した先生からは「一度話を聞いただけではわからないところもあるので、資料をしっかり読み込みたいと思います。」「ケーススタディーを2事例紹介していただきましたが,更にどのような事例があるのか知りたいです。」という感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2

11月11日(金)ドリルパーク基本操作研修

 11月11日(金)の午後に教育センターセミナールーム1にて、ドリルパーク基本操作研修を行いました。デジタルドリル「ドリルパーク」の基本的な操作(自動採点機能、宿題配信機能など)を体験しながら研修を行いました。問題を解くことで、子どもの学習の履歴や、得意なところ、苦手なところがグラフ化されてわかる「個人カルテ」機能についても学びました。
研修を受けた先生からは「活用できるように工夫していきたいと思いました。」という感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

教育相談事例研修(第2回)

 11月8日(火曜)、教育センター企画相談課の藤田佑理子・高森美紗公認心理師を講師に、第2回教育相談事例研修を行いました。第1回の研修後に参加者からいただいた多くの事例に対して、具体的な考え方や、グループワークでの共有を通して対応の仕方などを学びました。
 参加者からは、「自分の経験したような事例もたくさんあり、それにひとつひとつ解説を付けて支援方法をあげてくださったので、とても参考になった。また、グループワークもあり、他園の先生方とお話しする機会もあったので、様々な意見を聞くことができたので良かった。」「変化や結果がすぐに表れなくても、園児の表現や行動に言葉を添え続けることが、長い人生を見通した時にその子の糧になると信じて関わっていきたいと思った。」などの感想が聞かれました。

画像1 画像1
画像2 画像2

教育相談実践研修(第3回)を実施しました

令和4年 11月4日(金)ソフィア・堺において、「教育相談実践研修(第3回)」を実施しました。

今回は、教育相談グループ 公認心理師 高森 美紗相談員が講師となり、「要因が多い複雑なケース(見立てと支援)」をテーマに、演習を交えながら研修を行いました。

受講者からは「今日のように活動をたくさん取り入れた研修は、とても学べます」「講義の内容を活かして関わってみたいと思いました。どうすれば良い関係を築くことができるのか考えていきたいと思います」等の感想がありました。 

画像1 画像1 画像2 画像2

令和4年度 堺市立幼稚園(研究実践園)における公開保育(4)

10月31日(月)堺市立三国丘幼稚園
■研究テーマ「主体的に遊びや生活に向かう子どもをめざし
       て〜遊びを深める・広げる環境構成を
       考える〜」
■公開 3・4・5歳児クラス 
 指導助言 文部科学省初等中等教育局 
       横山 真貴子 幼児教育調査官
 3・4・5歳児全てのクラスで保育を公開しました。子どもたちが自分の好きな場所で、安心して環境にかかわり、遊び込む様子が見られました。園からは、遊びの広がりや深まりを考えるために、その段階を可視化し、子どもの内面を読み取りながら日常的に記録をしているという話がありました。横山幼児教育調査官からは、保育は子ども理解から始まるとお話があり、子どもをよく見るということは、子どもから学ぶという姿勢を必要とすること、子ども中心の保育への転換と保育者の計画、評価、反省等の自覚的過程が必須であることなどのご示唆をいただきました。
 参加者からは、
・園児が自分で遊びを見つけて主体的に遊んでいる、職員が協力しながら全体を見て流動的に動いている、禁止の声かけがほとんどなく自由に遊べているなど勉強になった。
・改めて子ども理解の大切さと見方、姿勢について考える機会になった。子ども理解のための「芽シート」が素敵だなと思った。
・個別最適な学びを進めていくにあたり、保育者がどのように環境整備し、一人ひとりの幼児に声かけしていくのかを見せていただけた。
・3歳から5歳の子どもたちの自発的な様子を見て、その行動を小学校になっても続けられるにはどうしたらいいか支援方法を考えていきたいと思った。
等の感想がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

令和4年度 堺市立幼稚園(研究実践園)における公開保育(3)

10月29日(土)堺市立白鷺幼稚園
■研究テーマ「小学校以降につながる学びのめばえ
      〜主体的に遊ぶ姿から環境のあり方や
       教師の援助について考える〜」
■公開 3・4・5歳児クラス 
 指導助言 大阪教育大学 中橋 美穂 教授

 3・4・5歳児の全てのクラスで保育を公開しました。これまでの遊びの続きができるように環境が整えられ、各年齢に応じて、一人ひとりが自分のしたい遊びを存分にしたり、遊びに必要なものをつくって遊びを進めていったりしながら楽しむ様子が見られました。討議会では、環境のあり方やどのように小学校につなげていけばいいのかについて交流を深めました。中橋教授からは、小学校に行っても自分の力を発揮して取り組めるような力を育てていくことや見通しを持った遊びの計画がカリキュラムマネジメントにつながっていくこと、ドキュメンテーションを通して保育の可視化を進めていくことなど多くのご示唆をいただきました。
 参加者からは、
・環境の大切さ、教師が環境の1つであること、異年齢のかかわりの中での育ちが重要であることなどを学んだ。
・他園の保育を知ることができ、先生方とも交流でき、とても有意義な時間になった。
・子どもたちがワクワクして明日もまたやりたいと思える環境とその援助について、今後も職員間で話し合い、考えていきたいと改めて思った。
・先生方の子どもたちへの優しい言葉がけや見守りがとても勉強になった。
・公開保育を見た後の意見交換の時間、講師の先生の講演内容がとても参考になった。
等の感想がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月7日(月)教職員向け情報リテラシー研修

 11月7日(月)にTeamsのオンライン機能にて「教職員向け情報リテラシー研修」を行いました。
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会専務理事の久保田様より、教育と著作権について講演いただきました。講義の最後には質疑も行いました。研修を受けた先生からは「定期的に同じ話を聞いておくことが,大切に感じました(再確認できると思います)」や「何気なく使用していたものが,法的にひっかかることなのか,大丈夫なのか,確認しなければ・・・という視点が教職員に必要なことが再確認できました」という感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130