堺市ロゴ
サかイエンス2020への参加には,往復はがきによる事前申し込みが必要です。(12月20日消印有効)

社会性と情動の学習(SEL)研修を実施しました

 令和元年7月29日(月)、堺市教育文化センター3階研修室1・2において、島根県立大学  山田 洋平 准教授を講師にお迎えして、社会性と情動の学習(SEL)研修を実施しました。

 本研修は、人間関係構築の能力を、意図的かつ計画的に育てるための手だてとしての社会性と情動の学習(SEL)の実施方法や指導法について実践的かつ具体的に学ぶことを目的に実施しています。

 研修では、感情を表現するなどの行動を実行するまでに3段階のステップがあることや、感情について学習することの重要性について学びました。また、実際に授業で使えるワークやロールプレイなどを実際に体験しました。

受講者からは、「感情について学ぶ機会を作ることの重要性に気づかされました。」や「集団生活を送る学校生活の中で、友だちの表情をよく見て読み取ることは良い人間関係の構築に欠かせないので、とても勉強になった。」など、たくさんの感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ABA(応用行動分析)活用研修を実施しました

 令和元年8月1日(木)、堺市産業振興センター4階セミナー室4において、近畿大学 大対 香奈子 准教授を講師にお迎えして、ABA(応用行動分析)活用研修を実施しました。

 本研修は、指導に従わない、級友とトラブルになる等、気になる行動の多い子どもに対してABAを活用し、問題行動への対処に必要な基本的な考え方や技術を習得することを目的に実施しています。

 研修では、まずABAの基本的な考え方について学びました。そして、実際に受講者が個々にワークシートに記入しながら、ABAの考え方に基づいた子ども理解を進め、子どもへのより良い対応を考えました。

 受講者からは、「『60秒以内の結果が行動に影響すること』や『子どもの行動を子どもの目線で見てみること』などを、2学期からの子どもとの関わりに役立てます。」、「『できたら忘れずほめること』、『どこをほめようかなと思って子どもを見ること』を意識して、実践していきたいです。」など、たくさんの感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

学校教育相談研修を実施しました

 令和元年8月1日(木)、堺市産業振興センター4階セミナー室4において、常磐会学園大学 佐谷 力 教授を講師にお迎えして、学校教育相談研修を実施しました。

 本研修は、子どもや保護者との信頼関係を深めるための学校教育相談に必要な技能の基本や実践方法の習得を図ることを目的に実施しています。

 研修では、いじめに関する3つの相談事例から、子どもの気持ちを中心にした対応について学びました。それぞれの事例においてロールプレイを交えながら、実践的に学びました。また、相談を受け、どう対応するか判断が困難な場面において、それぞれの対応をした際の事後対応についても、具体例を交えながら教えていただきました。

 受講者からは、「子どもや保護者の視点で物事をとらえることの大切さを再確認することができました。」「研修の終わりが実践の始まりというお言葉の通り、今この時から取り組んでいきたいと思いました。」等の感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

教育相談事例研修(2)を実施しました

 令和元年7月30日(火)、堺市教育文化センター(ソフィア・堺)3階研修室1・2において、兵庫県立大学 竹内 和雄 准教授を講師にお迎えして、教育相談事例研修(2)を行いました。

 本研修は、昨今急増しているネットによるトラブルについて理解を深め、相談事例をもとにして、その対応方法や問題点についての知見の習得を図ることを目的に実施しています。

 まず、スマートフォンやネットについての基礎知識、子どもたちのネット接続の現状や子どもたちがよく使っているアプリについて知りました。また、悩みを抱えている子どもたちがネット上の顔も知らない人に助けを求める中で起こった事件の紹介などから、「スマホの問題は心の問題」として捉えることが大切だと学びました。

 受講者からは「“知らないことが怖い”ということがよく分かった。」、「今日学んだことを自分が他の先生に伝えていけたらいいなと思いました。」、「子どもが話をしてもいいと思える、一番身近な大人になることが大切だと学びました。」等の感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

教育相談事例研修(1)を実施しました

 令和元年7月29日(月)、堺市教育文化センター(ソフィア・堺)3階研修室1・2において、久保 幾史 臨床心理士を講師にお迎えして、教育相談事例研修(1)を実施しました。

 本研修は、不登校や発達などの子どもの抱える諸課題について、適切な支援方法を知り、指導効果を高めるために、事例を通して理解と対応を学び、実践的な指導力を身に付けることを目的に実施しています。

 研修では、BPS(バイオ・サイコ・ソーシャルモデル)を考慮した不登校問題の解決の図り方や、「話の地図」によるネガティブな過去の話から、ポジティブな未来の話への進め方などを学びました。また後半には、久保先生の相談のモデルを見せていただいた後、実際にペアで相談を行いました。内的リソースを意識しながら聞いたり、未来の自分の姿を具体的にイメージしてもらって聞いたりする方法について学びました。

 受講者からは、「不登校の最終的なゴールは社会的自立ということで、改めて子どもたちの将来を見据えて支援をしていきたいと思いました。」や「不登校の児童への対応の仕方を具体的に学べてよかったです。」等、たくさんの感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

科学教育研修「小学校の電気単元」

令和元年7月24日(水)、ソフィア・堺4階実験室において、科学教育研修「小学校の電気単元」を実施しました。

 研修会では、来年度から完全実施する新しい小学校学習指導要領(理科)の目標や内容に基づいて、3年「電気の通り道」、4年「電気の働き」、5年「電流がつくる磁力」、6年「電気の利用」の研修を行いました。

 初めに、「子どもたちの電気エネルギーについての科学的認識が、発達段階に応じて、どのように深まっていくのか。」、「問題解決力の資質をどのように身につけさせるのか。」を考えました。
 次に、3年から6年までの4年間の電気単元学習のなかから、12の主要な実験を行い、理科の指導における実験の大切さ、予備実験の重要さを先生方に実感してもらいました。

 受講生からは、「電気単元について系統的に考える機会ができ、学年間のつながりが分かりました。」「電気エネルギーの原理・原則を大切さがわかり、指導に活かすことができるようになりました。」「苦手な電気分野について、児童の知的好奇心を刺激する授業方法を教えてもらい、指導に自信が持てました。」などの感想が寄せられました。

 教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修会などを実施して先生方を支援し、子どもたちの科学的な問題解決の力を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2

校園長研修(第1回)

 令和元年7月10日(水)ソフィア・堺において、「校園長研修(第1回)」を実施しました。
 本研修は、社会の変化に対応する学校教育の実現をめざし、学校管理運営の改善・充実を図るために、校園長としての指導力および資質の向上を目的に実施しています。
 今回は、外国人幼児児童生徒に対する教育の充実について、京都教育大学 浜田 麻里教授を講師として招聘し、研修を行いました。
 浜田教授からは、急増する外国人幼児児童生徒の現状について説明があり、外国人幼児児童生徒に対する教育をめぐる施策の動向や外国人幼児児童生徒教育の課題等についても示されました。また、外国人の子どもが編入することになった場合の管理職の役割について、具体的な事例をもとに詳しく講話いただきました。
 各受講者は、講話をもとに、自校園に外国人の子どもが編入してきたと想定し、自校園の課題やすぐに実施できそうな取り組み、また長期的に求められる取り組み等、ワークシートに記入しながら、理解を深めました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「堺科学教育フェスタ」を開催します。参加には事前申し込みが必要です。

 「堺科学教育フェスタ」を開催します。

 参加には往復はがきによる事前の申し込みが必要です。(6月13日消印有効)

 子どもたちの科学への興味関心を高め、堺のまちへの誇りと愛着を深めることをねらいとして、堺市の産業を支える優れた専門家たちが、子どもたちにその成果と技術を伝えます。
 ホールでは海遊館の飼育係員による「海遊館いきものおもしろ講座」、プラネタリウムでは特別番組「プラネタリウムはタイムマシン!!」の無料投影があります。

 申込方法はこちらのチラシをご覧ください。
 また、6月28日(金)現在のスケジュール案は、こちらをご覧ください。

 お申し込みをお待ちしています。

1.日時 令和元年7月13日(土)午前10時〜午後4時

2.会場 堺市教育文化センター(ソフィア・堺)
     堺市中区深井清水町1426番地 

画像1 画像1 画像2 画像2

学校給食衛生管理・食育研修

 令和元年7月2日(火)ソフィア・堺において、「学校給食衛生管理・食育研修」を実施しました。
 本研修は、管理職を対象に学校給食における衛生管理及び食育等の研修を行い、その資質の向上を図ることを目的に実施しています。
 前半は、「食に関する指導の手引(第二次改訂版)について」と題して、文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 清久 利和 食育調査官による講演がありました。
 調査官からは食育の視点や食に関する指導を推進する上での留意点等について示され、少人数でのディスカッションを取り入れながら教科等や給食の時間、個別的な相談指導等、食に関する指導を組織的、計画的に進めることの重要性について学びました。
 後半は、大阪はびきの医療センターの亀田 誠 小児科主任部長から学校における食物アレルギーの緊急対応についての講話がありました。
 食物アレルギーについて、専門的な立場から分かりやすく説明いただき、また具体的事案をもとに、グループワークを通して、より実践的に理解を深めました。
 受講者からは、「本日の研修内容を自校の教職員に伝え、組織的に対応していきたい」「食育の重要性を改めて痛感した」「緊急事態に対応する学校全体の危機管理能力を高めていく必要性を感じた」等の感想が聞かれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

教育相談実践研修<前期>(第2回)を実施しました

 令和元年7月3日(水)堺市教育文化センター(ソフィア・堺)セミナールーム1において、教育相談実践研修<前期>(第2回)を実施しました。

 教育相談実践研修は、子どもの見立てや支援方法を学び、子どもや保護者との信頼関係を築くための技能を習得して実践できるようになることを目的に行っている、5回セットの研修です。 
 今回は、教育相談グループの高森美紗臨床心理士が講師となり、「見立てと支援【事例検討】(発達面が気になる子ども)」をテーマに、子どもの見立てや支援を行う際のポイントを講義と演習を交えながら学びました。後半では、事例検討の方法を学び、グループに分かれて仮想事例の検討を行いました。

 受講者からは、「事例検討で改めて、子どもへの対応を振り返ることができました。リソースをしっかり見て、問題に対して対応できた時の成功体験を積ませてあげたいと思います。」や「見立てるための具体的な方法がよく分かりました。」「臨床心理士の方の行っている見立てやペーシングの様子を知りたいです。」といった感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「堺市初任者・発展研修〈小学校1年次〉」(第6回)

令和元年6月20日(木)、27日(木)、7月2日(火)・4日(木)の4日間で「安全に配慮した理科実験」というテーマで、理科実験における安全指導・安全管理について研修を実施しました。
教育センター科学教育グループの横山指導主事より、前半は火を使う実験の時の備えや、事故発生時の対応、理科備品の管理時の注意点についての話がありました。
後半は、「堺版授業スタンダード小理」について学びました。5年単元「電磁石のはたらき」の模擬授業を行いながら、子どもたち自身が疑問を見つけるための導入の方法や、結果、考察、まとめ、ふりかえりという展開のなかでの留意点を学びました。
受講者からは、「予備実験や導入の大切さを認識することができました。」「子どもたちの安全を守るために、気を付けるポイントがわかりました。」「子どもたちが楽しい、よくわかるという授業づくりに向けて、参考になりました。」などの感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

人権教育研修 (第1回)

令和元年6月26日(水)大阪府立大学・学術交流会館において、「人権教育研修(第1回)性的マイノリティの授業や取組に向けて」を実施しました。
大阪府立大学教育福祉学類 東 優子 教授にお越しいただき、LGBTの人たちを取り巻く学校園を含めた社会の現状と、教育環境をどのように見直していけばよいのかについてご講演いただきました。
SOGI(性的指向・性自認)とハラスメント、「カムアウト」と「アウティング」の違い、LGBTの人を傷つけている日ごろ何気ない会話や言動等についてお話しいただきました。
受講者からは「日常生活から見直してみようと思いました」「ダイバーシティ及びインクルージョンという多様性をお互いに尊重し、認めあい、共に活躍・成長することができる職場環境・風土づくりの大切さを実感し、今後の児童生徒対応、職員対応に活かしていきたいと思いました」等の感想がありました。 

画像1 画像1
画像2 画像2

小学校理科教材研修会「3年 風やゴムのはたらき」

 令和元年5月29日(水)、堺市教育センター(ソフィア・堺)において、小学校理科教材研修会「3年 風やゴムのはたらき」を実施しました。

 研修会では、はじめに学習指導要領解説から「風やゴムのはたらき」の指導内容を確認しました。次に風やゴムの力で動く多くのおもちゃを実際に動かしたり、飛ばしたりして、子どもたちの感じる楽しさや気づきのヒントなどを体感しました。そして、導入で活用できるおもちゃを数種類作りました。
 さらに、送風機や発射台を用いて、動く車の移動距離を測定する実験を行いました。結果を表に記録し、グラフにすることで、風やゴムの力と動いた距離の関係が直観的に理解できることを学びました。

 受講者からは、「実際に実験し、体験しながら授業の内容を考えることができたので、とても勉強になりました。」「子どもたちを指導するのに、教師が教材を十分に理解し、好きにならないといけないと思いました。今日の講習会で子どもに楽しく指導できる気がします。」などの感想が寄せられました。

 教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修会などを実施して先生方を支援し、子どもたちの科学的な見方や考え方を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2

適応指導教室スプリングポート短期臨時職員募集

適応指導教室スプリングポートでは、学校や集団生活に対する不安が強く、学校に行きたくても行けなくて悩んでいる子どもたちが、さまざまな活動をとおして元気を取り戻し、将来的に学校に復帰することや社会的に自立することを目的に指導・援助しています。
このような不登校児童生徒に寄り添いながら、学習・活動への支援を行っていただける方を以下の要領で募集します。

・募集人数:若干名

・雇用期間:令和元年10月1日(火)から令和2年3月31日(火)

・勤務時間等:月〜金曜日(週5日)、9時〜17時15分

・勤務地: 適応指導教室スプリングポート(堺市堺区錦之町西2丁2−34)

・応募条件:大学で心理学を専攻したかそれに相当する実務経験のある方、または教員免許(小学校か中学校)を有する方。

・応募期間:令和元年7月1日(月)〜令和元年7月19日(金)必着

・応募方法:履歴書(市販のもの)と応募動機(原稿用紙に自筆800字程度)を作成し、郵送または直接持参。(直接持参の場合は、月曜日〜金曜日9時〜17時30分。)

・応募書類の提出先:
 適応指導教室スプリングポート    
   〒590−0931 堺市堺区錦之町西2丁2−34
   TEL:072−232−5053

・面接選考日:令和元年8月22日(木)

・面接場所:適応指導教室スプリングポート    
     〒590−0931 堺市堺区錦之町西2丁2−34
     TEL:072−232−5053

・問合せ先:適応指導教室スプリングポート(072−232−5053)

中堅教諭等資質向上研修(キャリアアップ研修)「必修講座(オリエンテーション)」

 「中堅教諭等資質向上研修(キャリアアップ研修)」は、教育公務員特例法第24条に基づき、個々の能力、適性等に応じて、中堅教諭等としての職務を遂行する上で必要とされる資質の向上を目的として実施しています。
 6月4日(火)、6日(木)・11日(火)・13日(木)の4日間、同一内容で必修講座を行いました。
 はじめに、教育センター 谷野所長より、中堅教諭等は堺市教員育成指標に示された向上期の完成期にあたることにふれ、激励の挨拶がありました。
 その後、教育センター 品川指導主事と雨水指導主事の進行で、オリエンテーション及びチームマネジメント研修を行いました。
 中堅教諭等に求められるものについて、グループで「ペーパータワーをつくる」というアクティビティを通して、「グループ」と「チーム」の違い、チームワークがもたらす効果等を学びながら、本研修の目的や内容について確認し合いました。
 最後に、「成果を出すチームに必要な要素」のひとつに「リーダーシップ」があり、チームが望ましい方向へと動くようにメンバーに対して影響を発揮するのが中堅教諭等である」と職務を遂行する上での自らの意識を高めました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130