堺市ロゴ
サかイエンス2019への事前申し込みは終了しました。

堺科学教育フェスタ17 「美津和タイガー株式会社」

画像1 画像1
画像2 画像2
 7月16日(土)に行われた堺科学教育フェスタにおいて、「美津和タイガー株式会社」は「バッティングの科学 J-Gripのヒミツ」のテーマでワークショップを開催しました。
 持ち手がJのような形をした「J-Grip」という様々な色のバットが並べられ、参加者は興味深く見ていました。参加者は、そのバットを使って実際にボールを打つことで、その感触を存分に楽しんでいました。

堺科学教育フェスタ16 「日本技術士会 近畿本部」

画像1 画像1
画像2 画像2
 7月16日(土)に行われた堺科学教育フェスタにおいて、「日本技術士会 近畿本部」は「割り箸を使って橋を作ろう」、「惑星、衛星模型製作」、「飛行機のなぞ」の3つのテーマで、ペーパークラフトなどを行いました。細かな作業も多かったですが、参加した子どもたちは夢中で取り組んでいました。

堺科学教育フェスタ15 「堺化学工業株式会社」

画像1 画像1
画像2 画像2
 7月16日(土)に行われた堺科学教育フェスタにおいて、「堺化学工業株式会社」は「蛍光の科学」のテーマでワークショップを開催しました。
 参加者は、紐にビーズを通し、そのビーズに蛍光を当ててもらいました。すると、白いビーズが蛍光によって違う色に発色しました。いろいろな角度から何度もビーズを眺め、楽しむ姿が見られました。

堺科学教育フェスタ14 「ゼロワンネーブル・西川リビング株式会社」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 7月16日(土)に行われた「堺科学教育フェスタ」において、「ゼロワンネーブルハウス・西川リビング株式会社」は、「ぴったりは気持ちいい はかって作ろう手作り自分のまくら」のテーマでワークショップを開催しました。

 実際に自分の身長や体型から、適切な高さの枕を自分で計算し、枕を作成しました。作成後は、実際にベッドで試してみて自分に合うよう微調整をして完成です。眠りについてのクイズもあり、眠りの大切さや知識を楽しく学習することができました。

危機対応研修を実施しました

平成28年8月26日(金)、堺市産業振興センター4階セミナー室4において、学校教育開発研究所 代表 栗原慎二 先生を講師にお迎えして、危機対応研修を行いました。

本研修は、いじめ等の問題事象の早期発見や早期対応に向けて、学校や学級内、生活環境における子どもたちの適応状態を把握するための心理尺度「アセス」の活用について、理論の習得を図ることを目的に実施しています。
まず、「アセス」の理解と活用についての話がありました。児童生徒が学校適応感を得るのに重要な「生活満足感」などの6つの要因について学びました。その後、実際のデータを活用した児童生徒理解の演習を行いました。演習では、ある個人データを読み取って分析したり、学級内の分布表からクラスの状況を読み取ったりしました。
受講者からは「わかりやすい内容で、学校に戻って伝達したい。」、「思いやり、つながりをもてる集団づくりがしたいと思いました。」等の感想がありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

第10期「堺・教師ゆめ塾」(第1回)「入塾式・塾頭記念講演」

 平成28年8月28日(日)ソフィア・堺において、第10期「堺・教師ゆめ塾」(第1回)入塾式を開催しました。

 入塾式では、石井雅彦塾長(堺市教育長)が式辞において、「教師になることを決意するということは、子どもとともに一生学び続けることを決心することです。学び続ける情熱を持ち、仲間とともに高め合うことが大切です。」と、教職を志す者の心構えについて伝えました。そして、「著名な講師をはじめ、指導主事や本市で成果を挙げている教職員等による講座をとおして、実践的な力を身に付け、未来の本市教育を担う人材になっていただきたい。」と激励しました。

 式後は、作家の中谷彰宏塾頭(堺親善大使)が「自分になかった考えに出会うのが勉強だ」という演題で記念講演を行いました。塾頭は「勉強とは古い自己流を抜け出して、新しい自己流をつくることである。」と話されました。自分とは違うものの見方・考え方に出会い、仲間と議論し、新しいものの見方・考え方を獲得していくことの大切さを伝えました。

 これからの7か月間、ゆめの実現に向け、本塾での学びに期待するだけではなく、自ら課題意識を持ち、教師としての力量を仲間とともに高め合ってほしいと期待しています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

10年経験者研修(授業づくり研修)

 平成28年8月22日(月)ソフィア・堺において、10年経験者研修「授業づくり研修」(事前検討会)を実施しました。

 まず、7月に「言語活動の充実」「問題解決的な学習」について話し合ったことをもとに改善した2学期授業の指導案について、グループで話し合いました。
 その後、アクティブ・ラーニングについてグループ交流しました。経験年数の少ない教員に「アクティブ・ラーニングとは何ですか」「どのような授業のことですか」と聞かれた際の答え方について個人で考えた後、グループで話し合い、キーワードを考えました。グループごとに考えた「主体的」「対話的」「汎用的」「講義型ではない」「深い学び」等のキーワードをもとに、ワールドカフェ方式を用いて全体交流を行いました。
 最後に、上川指導主事から「アクティブ・ラーニングの視点からの授業づくり」というテーマのもと、説明を行いました。

 参加者からは、「2学期の研究授業に向けて、いろいろな角度から意見がもらえたのでよかった」「アクティブ・ラーニングについて整理することができました」等の感想がありました。
 今後、本市の中核を担う教員、学び続ける教員として授業力を高めていくことを期待しています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

堺科学教育フェスタ13 「堺ディスプレイプロダクト株式会社」

画像1 画像1
画像2 画像2
 7月16日(土)に行われた「堺科学教育フェスタ」において、「堺ディスプレイプロダクト株式会社」は、「液晶ディスプレイのひみつ」のテーマでワークショップを開催しました。
 液晶ディスプレイを実際に拡大してみると「赤・緑・青」の光の3原色の色を見ることができ、色がこの3原色から作られていることを学習しました。
 また、偏光シートを使っての実験やクイズもあり、楽しく科学を体験することができました。
 小学校でも「光の性質」を3年生で学習します。きっと、学習の参考になってくれることだと思います。

堺科学教育フェスタ12 「関西電力株式会社」

画像1 画像1
画像2 画像2
 7月16日(土)に行われた「堺科学教育フェスタ」において、「関西電力株式会社」は、「発電のしくみと自転車発電体験」のテーマでワークショップを開催しました。
 自転車をこぐことで扇風機が回りだしたり、テレビが映ったり、また、お湯を沸騰させたときの蒸気の力で発電できることを体感して学習することができました。
 「回すだけで電気が作れるなんとても不思議だ」という感想がありました。
 小学校でも「手回し発電機」を使った理科の学習があります。きっと、学習の参考になってくれることだと思います。

堺科学教育フェスタ11 「株式会社つぼ市製茶本舗」

画像1 画像1
画像2 画像2
 7月16日(土)に行われた堺科学教育フェスタにおいて、「株式会社つぼ市製茶本舗」は「お茶の科学〜温度の魔法〜」のテーマでワークショップを開催しました。
 お茶には「麦茶」のように「茶葉」を用いていないお茶もありますが、今日は「茶葉」から作られたお茶について学びました。お茶をおいしく入れるにはお湯の温度がとても大切で、70度ぐらいでお茶を入れるといいそうです。ただ、お湯を急須やコップに入れるたびに10度程度冷めるので、少し熱いお湯を入れるとよいことなどを学ぶことができました。

第6回堺サイエンスクラブを実施しました。

平成28年8月27日(土)、第6回堺サイエンスクラブの活動として、自由研究発表会を行いました。堺サイエンスクラブは、子どもたちの理科・科学に対する興味・関心を高め、自由研究活動を通して思考力や表現力を育み、科学分野にはばたく人材を育てることを目的としています。
 「自分で考える」ということをテーマに、クラブ生自身が考えた研究を行い、発表を行いました。参加者から質問を受けたり、大阪府立大学の先生から指導助言をいただきました。そして、クラブ生たちは立派に発表することができました。

 このような活動を通じて研究の基礎を学習し、堺から「未来の科学者」を育みたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2

第5回堺サイエンスクラブを実施しました。

平成28年8月23日(火)、第5回堺サイエンスクラブの活動として、自由研究発表会に向けての発表練習とリハーサルを行いました。
 また、他の研究発表に対して「1人1質問」をめあてに、研究発表を単に聞くだけでなく主体的に研究発表に参加することも目標にしています。リハーサルの時に他の発表を聞きながら、本番の時にどんな質問をするか、クラブ生は考えていました。

このような活動を通じて研究の基礎を学習し、堺から「未来の科学者」を育みたいと思います。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第4回堺サイエンスクラブを実施しました。

平成28年8月16日(火)、第4回堺サイエンスクラブの活動として、堺高等学校による科学実験体験と各自が行っている自由研究の共有を行いました。
 科学実験体験では、堺高等学校の先生や高校生の皆様のご協力により、「物質の同定」をテーマに、金属のもついろいろな性質についての実験を行いました。電気抵抗の違い、炎色反応の違いを実際に体験し、科学実験の基礎を学習しました。
 また、自由研究発表会に向けて、自由研究の進み具合を共有しました。各自の研究を発表し、意見をもらうことで、よりよい自由研究になると考えています。

 このような活動を通じて研究の基礎を学習し、堺から「未来の科学者」を育みたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

人権教育研修(在日外国人教育・国際理解教育)

 平成28年8月9日(火)ソフィア・堺において、「人権教育研修(在日外国人教育・国際理解教育)」を実施しました。
 アミーゴスクラブの白濱 史枝先生(元教育センター専門指導員)を講師に迎え、「一人ひとりが輝き 共に育つ 〜外国にルーツのある子どもへの教育支援〜」と題してご講演いただきました。
 研修のはじめに外国語での授業を体験することで、来日して間もない子どもたちの気持ちを考えました。また、子どもの実態からみた課題や、学習支援について具体的に事例を挙げてご教示いただきました。
 受講者からは「外国にルーツのある児童が、どのようなことで困っているのか理解できたように思います。今日学んだことを生かして支援できればと思います。」「実践に基づいた教育支援を体系的にお話いただきよくわかりました」などの感想がありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

人権教育研修(男女平等教育)

 平成28年8月3日(水)堺市産業振興センターにおいて、「人権教育研修(男女平等教育)」を実施しました。
 女性センターの瀧口 住子 館長より、「男女平等教育について 〜ジェンダーに敏感に 人権感覚を研ぎ澄まして〜」と題して講義がありました。
 講義のなかで、セクシュアル・ハラスメント防止、自殺予防について、また現在の子どもたちが置かれている状況や実態を知ることの大切さなど、多くの事例から、幅広く学びました。
 受講者からは「『ふつう』という言葉の危うさを再確認できました。」「自分の感覚を研くことの大切さ、言葉の重さをあらためて痛感しました。」などの感想がありました。

画像1 画像1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130