堺市ロゴ
2020浜中スローガン『は』はれやかな挨拶が響き渡る学校 『ま』まじめにしっかり学べる学校 『で』伝統守ってみんなが仲良く過ごせる学校 『ら』楽せず健やかな心と体をつくる学校

教育委員会からのお知らせ(各学校園の最新記事はこの記事の下をご覧ください)

●差別・偏見の防止に向けて
[市HP]新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて【文部科学大臣からのメッセージ】

●教育委員会から学習支援にかかるリンク集を配信しています
[リンク]堺市学習支援ページ

●堺市の支援などの取組について
[市HP]堺市コロナウイルス関連特設ページ

授業の様子

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
9月9日(水)
1年生の様子です。
写真は上から,1組「国語」(2枚),2組「美術」(3枚),3組「理科」,4組「数学」(3枚)です。

授業の様子

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
9月9日(水)
2年生の様子です。
写真は上から,1組「英語」(2枚),2組「国語」,3組「数学」(3枚),4組「理科」(2枚)です。

学年練習の様子

画像1 画像1
9月9日(水)
3年生の様子です。
画像2 画像2

授業の様子

画像1 画像1
9月9日(水)
3年生の様子です。
明日は実力テスト。しっかり頑張ってください!
(写真上)1組「理科」,2組「数学(習熟度別)」(2枚)
(写真下)3組「英語」,4組「理科」です。
画像2 画像2

今日の給食 中学生アイデア料理を試食体験しました!                                 〜とろとろチキンガンボ(アメリカ料理)〜

今日は中学生アイデア料理の優秀作品が給食献立になった日でした。料理はアメリカ料理の「チキンガンボ」をアレンジした「とろとろチキンガンボ」で鶏肉・大豆・たまねぎ・おくらをトマト煮にしたものです。給食を食べた人みんなにアンケートをしてもらいましたが、とても好評でした!堺市教育委員会の方も参観に来られました。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の給食

画像1 画像1
画像2 画像2
本日も感謝の心で温かく冷たく美味しくいただきました。

明日9月10日(木)のメニューは 黒糖パン・エルテンスープ・きのこペンネ・オムレツのトマトソース です。
[栄養価](標準の場合)
エネルギー786kcal・たんぱく質30.1g・脂質27.8g
[アレルギー]
卵・小麦・大豆・りんご・鶏肉・豚肉

放送スタイル集会 その1

9月9日(水)
 本日1限目に、生徒会運営委員の鈴木さんの司会進行で集会を行いました。

最初に校長先生のお話です。

授業、部活動、学級旗作成、委員会活動等、頑張っている様子をみてうれしく思っています。
2学期が始まって3週間。疲れが出てくる時期です。家のこと、コロナも心配、友人関係も気になるし…。気になりだす時期でもあるかもしれません。
自分には合わない という人もいると思いますが、この時期に伝えたいことをお話しします。

弱い自分は許せない?自分の弱さを受け入れる

物事が上手く行っている時は強くて自信がある自分が全面に現れて気持ちのいいものです。
しかし、ちょっとトラブルがあったり、思ったよりも上手くいかないなと感じたりすることが増えてきた時、弱い自分が顔を出します。
「こんなん無理や。出来るわけがない。」そう弱い自分はつぶやきます。
こんな弱い自分が出てきた時、どうしていますか?
「こんなこと思っていては出来ることも出来ない!黙ってて!」と抑え込んだりしたりしていませんか。
実は、弱い自分が出てきた時は自分の器を大きくしてさらに飛躍するチャンスなのです。

どんな状況でも自信たっぷり、テキパキと冷静に完璧に対応できてなおかつ自分を見失わない人でありたいと思っているかもしれません。そう思っていると、それに合わない弱い自分は許せないと思ってしまいます。弱い自分を変えたいとすら思ってしまいます。でも、弱い自分も自分の一部分なのです。消すことは出来ません。

例えば、弱音を吐きたいと思うような厳しい状況、叱咤される、自分の頑張りを認めてもらえない、完璧に出来る人と比較されるようなことが起きます。これは、「本当は自分にも弱いところがあるのだから認めて」と弱い自分が言っているのです。弱い自分を何回も目のあたりにすることになります。これは弱い自分を許して認めるまで続きます。この状況をずっと続けたいと思うでしょうか?

では、弱い自分が出てきた時にどうすればよいのか。
「許して受け入れる」ことがポジティブになれる方法です。
具体的には、自分の吐きたい弱音を口に出しても良いと自分を許すこと。誰かに聞いてもらわなくても構いません。独り言でも十分です。弱音を吐いている時はその気持ちにしっかり寄り添い、ツッコミを入れないことです。「うまくいくと思えない」と思ったら、「そうやな、そう思ってもしゃあないな」というようにただ寄り添い続けて、弱音が出てこなくなるまでやってみてほしい。
弱い自分に寄り添い切ると、だんだんと前向きな気持ちが湧いてきます。この前向きな気持ちが湧いてくることが、弱い自分を受け入れられた証拠なのです。

弱い自分を許せない理由の一つに「弱い自分を許したら自分が堕落してしまう気がする」というのがあります。甘やかしてはいかん、という考え方です。自分が堕落してしまうかもというのは恐怖ですから、なかなか弱い自分を許し認めることが出来ません。
でも、懐の広い人を想像してみてください。人間の弱いところ、ズルいところ、汚いところ、そういうネガティブな部分を全部「いいよ、大丈夫だよ」と受け入れて、なおかつ自分の芯がしっかりあります。
これが、弱い自分を受け入れると達することの出来る境地なのです。弱い自分を受け入れても、弱い自分に呑まれるわけではありません。
弱い自分の弱音を受け入れると、弱い自分は受け入れられたことに安心します。
弱い自分は消えたわけではないですが表立って目立たなくなるので弱い自分をあまり感じなくなります。また、弱い自分を隠したいあまりに敢えて演じていた強い自分が必要なくなるので、リラックスした自然体の自分で行動できるようになります。
人が能力を十分に発揮できるのはリラックスした自然体の状態ですから、勉強や部活動が楽に上手くいき始めます。弱い自分を許せなかった自分と、弱い自分を許して受け入れた自分とではどちらが楽で、そして物事がスムーズに進むかを是非比較してみてほしいと思います。

弱い自分に限らず、ネガティブな自分はいてほしくないと思いますね。でも、ネガティブな自分も自分の一部分ですから排除することなく受け入れてあげましょう。
自分のネガティブな自分を受け入れられるようになると、他人のネガティブな部分も受け入れられるようになります。それは、他人のネガティブな部分を見て感情が揺さぶられることが減って、そのネガティブな状態を攻撃することなく必要に応じたアドバイスが出来るようになります。
弱い自分を受け入れることは、人間関係をも良くする方法なのだと思います。
弱い自分を許し受け入れて人間としての器を大きくして、飛躍してほしいと願っています。

続いて,教育実習生の藤枝先生の紹介がありました。藤枝先生は大阪教育大学から9月30日まで教育実習に来られています。主に保健室にいますが、1年生の授業も担当します。よろしくお願いします。
画像1 画像1

放送スタイル集会 その2

次に生徒指導の井上先生からのお話です。

1.登下校の態度について
 以前の集会でも話をしましたが,登下校中の態度が悪い生徒の話がありました。最近は登校中に声をかけるとすぐに道をゆずってくれる生徒が増えました。すごくいいことです。これからは声をかけられる前に気を付けられるといいですね。

2.学校内で物の管理について
 学校内で生徒の靴やお金などの所有物がなくなることがありました。物の管理はまず一人ひとりの意識が大切です。持ち物には名前を書き,不要なものは学校に持ってこないように気を付けましょう。そして一人ひとりの意識の次に大切なのはみんなが作り出す雰囲気です。自分のものも人の物も大切にするという意識を全員でもちましょう。

3.相談できるようにしましょう
 夏休みがあけて3週間がたちましたが,最近は心身の不調を訴える生徒が増えています。勉強や部活動で体が疲れてきた,勉強のことや友人関係が不安でしかたがない,ストレスがたまってイライラしてしまう,などの不調が考えられます。何かおかしい,うまくいかないと感じたときは,誰かに話をするということを大切にしましょう。校長先生の話でもありましたが,相手は誰でもかまいません。友だちでも,親でも,先生でも,独り言でも構いません。いやなことや不安なこと,しんどいことを話しましょう。話すことで必ず楽になります。学校にはスクールカウンセラーさんもきています。話をするだけでもいいので積極的に利用してください。
画像1 画像1

放送スタイル集会 その3

最後に表彰の伝達を行いました。

○陸上部 
 令和2年堺市中学校陸上競技選手権大会
 ・柗本 青海  男子2年  800m 1位 2分24秒32
 ・衣笠 友美  女子2年  200m 4位   28秒77
 ・西原 由貴  女子2年 1500m 6位 5分41秒67

○女子ソフトテニス部
令和2年堺市中学校新人大会 個人の部
  第5位 熱田・七田ペア 

○サッカー部
泉北夏季西区大会 優勝

○男子バスケットボール部
堺市交流大会 準優勝

○ハンドボール部
 泉北地区夏季大会 男子の部 優勝
          女子の部 第2位
画像1 画像1

登校の様子1

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
9月9日(水)
「おはようございます!」
元気に登校してくれました!
検温・マスク着用・ハンカチ持参等、ご理解ご協力ありがとうございます。

登校の様子2

「今日は曇りのち雨。予想最高気温は32.7度。大」西区天気予報より。
距離をとって、マスクをとって、水分をとる。
熱中症対策 水分補給をしっかりと!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

登校の様子3

放送集会、給食試食会、各種委員会があります。

     〔2020浜中スローガン〕
        『はれやかな学校』
        〜あいさつが響き渡る〜
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

本日の給食

画像1 画像1
本日9月9日(水)のメニューは <b>ごはん・とろとろチキンガンボ・ガーリックポテト・にんじんしりしり・オレンジポンチ です。
[栄養価](標準の場合)
エネルギー828kcal・たんぱく質34.1g・脂質18.1g
[アレルギー]
卵・小麦・大豆・ごま・さば・豚肉
メニューの「とろとろチキンガンボ」は浜寺中学校3年生のアイデアメニューです。
申し込みをした人は給食試食会を楽しみにしてください!
画像2 画像2

体育の授業の様子

9月8日(火)
 体育の授業では、体育大会に向けてリレーのバトンパスの練習を始めています。

お互いのスピードが落ちないように、バトンを落とさないように受け渡しができた時の爽快感を味わうことができたでしょうか?

 上手くバトンパスをするためには、お互いの“呼吸を合わせること”が大切です。ここでいう“呼吸を合わせる”とは、相手の身体をみて、相手の気配を感じて動きを合わせていく。自分だけのタイミングやスピードで走り切っても上手くバトンはつながりません。

それぞれの走力に差がある中、どのタイミングで助走をスタートし、どのタイミングで受け取るか?お互いの走り方やスピードだけでなく、その時の体調や気分なども理解しながら…。バトンが上手くつながった時は、きっとメンバーの心もつながっていますよ。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

授業の様子

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
9月8日(火)
1年生の様子です。
写真は上から,1組「美術」(2枚)「国語」,2組「数学」,3組・4組「体育」(5枚)です。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
学校行事
9/9 各種委員会
給食試食会
9/10 3年「実力テスト」
9/11 修学旅行説明会
9/12 土曜学びサポート7
9/15 浜中「まなサポ」
一斉登校指導
地域行事
9/11 浜寺石津定例会
9/12 浜寺東定例会

浜中だより

進路だより

学校いじめ防止基本方針

保健だより

学力向上プラン

食育だより

図書館だより

堺市教育委員会

堺市立浜寺中学校
〒592-8342
堺市西区浜寺船尾町西5丁60番地
TEL:072-261-2205
FAX:072-261-1037

hamadera-j@sakai.ed.jp