科学部

※2019年度以前に撮影された写真もあります。

クラブの大切にしていること

★様々な大会で優勝をめざす。★


今年度(2021年度)の目標

★新型電気自動車を製作する★

 INFORMATION

活 動 日 : 月・水・木・土▲・日▲

※オフシーズン/不定期

活動時間 : 1日平均/(平日)約2時間(土日)約0時間

部 員 数 : 3年生/2名、2年生/6名、1年生/1名

 MASSEAGE

中学生のみなさんへ

他の高校ではできないクラブ活動です。新しい電気自動車を制作予定です。是非、一緒に制作しましょう。

 活動実績(過去3年間)

2020年度 コロナにより各大会他 中止
2019年度 ワールドエコノムーブ関西大会 ジュニアクラス 2位、4位
2019年度 ソーラーカーレース鈴鹿 Ene-1GP高校生クラス 3位
2019年度 ソーラーカーレース鈴鹿 チャレンジクラス 3位
2018年度 ワールドエコノムーブ関西大会 技術賞
2018年度 エコノパワー岐阜 6位
2018年度 ソーラーカーレース鈴鹿 チャレンジクラス 2位
毎年度 小学校出前授業、浜寺ローズカーニバルほか各種展示等

堺高校 クラブ活動通信

鈴鹿サーキット ソーラーカーレース参戦!

2021年7月30日(金)~8月1日(日)
 堺高校科学部は、鈴鹿サーキットで開催されるソーラーカーレースに第2回の大会より約30年間、毎年参戦してきました。2021年度をもって開催終了となるため悔いを残すことの無いように挑みました。

7月30~31日 開催:
FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2021(国際格式)

 ソーラーカーレースでは生徒たちがレース車両のサポートをします。2021年度は、3年生2人、2年生5人、1年生1人の少人数体制のため、それぞれが役割をしっかりとこなさないとチームが回りません。ドライバーは科学部OBの先輩たちが頑張ります。

科学部 鈴鹿サーキット

ソーラーカーレースに向けてピット内での準備。車体アッパーカウル部分にゼッケンを貼っています。真っすぐ綺麗に貼るのは案外難しいです。

科学部 鈴鹿サーキット

ソーラーカーレース決勝に向けて最後の点検中。ドライバー(左)も一緒に確認しています。

 30日の予選では、クラス1位を獲得!2021年は事前準備の段階でソーラーカーに複数のトラブルがあり、しっかりと対処してきましたが不安がありました。しかし、予選1ラップの速さから、車体が上々の仕上がりであることが確認できました。

 決勝は、曇り空の続く難しい天気で、直前の天気予報では大雨になる時間もあるという事でした。ソーラーカーレースは日射量によりエネルギー量が変化するため、ピットとドライバーの無線通信が重要です。ピットとドライバーが協力してエネルギーマネージメントを行い、高校生もそれぞれができることを確実にこなし、5時間のゴールを迎えることができました。エネルギー残量に冷や冷やしながらも、無事に完走できました。
 結果は「クラス3位」となり、表彰台に上ることができました!

科学部 鈴鹿サーキット

ソーラーカーレース決勝,無事にスタートできました。緊張する瞬間の1つです。(サーキット内のモニター映像より)

科学部 鈴鹿サーキット

ピットストップ、ドライバー交代。ピットインの度にタイヤに異常がないか(スローパンクなど)を確認しています。3回のピットストップ、すべて無事にできました。

科学部 鈴鹿サーキット

ソーラーカーレース,チャレンジクラス表彰。3位が堺高校(卒業生ドライバー)です。2021年度は各チームドライバー1人だけが表彰台にあがれました。

科学部 鈴鹿サーキット

ソーラーカーレース終了後に集合写真を撮影しました。
3年生は鈴鹿の大会を最後に引退します。
3年生を含めた最後の集合写真です。

科学部 鈴鹿サーキット

8月1日 開催:
2021 Ene-1 Challenge

 Ene-1 Challaengeでは、KV-40の2CクラスとKVーBIKEのcクラスに参戦しました。
 KV-40は、小型の電気自動車を充電式乾電池40本のみをエネルギー源として鈴鹿サーキットを3周(1週5.807km)して競います。ドライバーは、2年生の森田さんと桐間さん。1周目と2周目を走り終えた段階では4位で、表彰台を狙えるポジションにありました。3周目の途中で止まってしまうトラブルがありましたが、その後無事に復帰して完走することができました。
 結果は、クラス9位で表彰台に上ることはできませんでした。途中で止まった原因はいくつか予想がつきますが、対応しきれなかった事は事前準備不足が最大の原因です。しかし、3回目の走行前に色々と作戦を考え、高校生たちで頑張る姿は生き生きとしていました。

科学部 鈴鹿サーキット

Ene-1 Challengeに向けて最後の確認。高校生だけで頑張っています。

科学部 鈴鹿サーキット

2021 Ene-1 Challenge終了後に集合写真を撮影しました。

堺高校 クラブ活動通信

科学部 活動報告(2020年度)

  1. 小学校連携

  2. 地域連携

  3. レース関係

  4. 製作および整備

※2020年度は公益財団法人JKAの補助を受けて活動しています。