堺市ロゴ

平成29年度 第2回短期臨時職員(介助員等)研修会

 8月25日(金)共用会議所において、小・中・支援学校の短期臨時職員(介助員等)を対象に、第2回研修会を行いました。
 「子ども一人ひとりの顔を思い浮かべながら、よりよい支援について考える。」をめあてに、支援を要する子どもたちに対する適切な対応について、具体的な事例を通して学びました。
 参加者からは、「介助員としてどのように動いたら良いのか、具体的によくわかりました。」「子どもの良い点を見つけて、少しでも褒める言葉をかけたいと思います。」等の声がありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

平成29年度 授業のユニバーサルデザイン化推進研修

7月25日(火)、総合福祉会館において、教員及び支援教育サポーターを対象に、授業のユニバーサルデザイン化推進研修を行いました。
 大阪大谷大学教授の小田浩伸先生を講師とし、「子ども理解とわかる授業づくり」をテーマに、多様なニーズのある子どもたちへの効果的な支援や多面的なアセスメント等を研修しました。
 参加者からは「自分ができる支援は何か、ナチュラルサポートは何かを考えるいい機会になった。」「根拠に基づく的確なアセスメントからの支援の大切さが分かった。」「2学期以降の指導に役立て、子どもたちが安心できる教室になるよう頑張りたい。」等の声がありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

平成29年度 第2回支援学級担任研修会

 5月15日(月)、総合福祉会館において、小・中学校の支援学級担任及び支援教育サポーター(希望者)を対象に、第2回支援学級担任研修会を行いました。
 堺市のスクールカウンセラーである久保幾史さんを講師とし、「カウンセラーからみた児童生徒理解」をテーマに、問題行動の背景理解や子どものよい所を認めることが、子どもとの望ましい関係づくりにつながること等を研修しました。
 参加者からは、「子どもたちの気持ちを理解するには、まずリソース探しをすることが大切であることがよくわかった。」「問題行動の背景を知り、子どもが本当に困っていることを見つけ、解決に導くことが、教師に求められるものだと思った。今後の指導にとても役に立つ研修だった。」等の声がありました。

画像1 画像1 画像2 画像2

平成29年度 第1回支援学級担任研修会

 4月19日(水)総合福祉会館において、小・中学校の支援学級担任を対象に、第1回支援学級担任研修会を行いました。
 はじめに、資料を活用しながら、支援学級の運営について確認しました。
 次に、特別支援コーディネーターである百舌鳥支援学校 伊藤 雄真教諭、上神谷支援学校 寺谷 由加里指導教諭から、「特別支援教育推進事業支援学校センター的機能」の活用について説明がありました。
 最後に、各区ごとに情報交換を行いました。
 参加者からは、「支援学級ハンドブックは、初めて支援学級の担任をされる方にとって1年間の見通しがつくので、とてもいいと思った。」「他校の先生方と情報交換することができてよかった。」等の声がありました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
堺市教育委員会 学校教育部
〒590-0078
堺市堺区南瓦町3番1号
TEL:072-228-7436
FAX:072-228-7421