堺市ロゴ
サかイエンス2019への事前申し込みは終了しました。

研修主任研修(第3回)

平成30年2月13日(火)、「研修主任研修(第3回)」を実施しました。
これまでの研修を振り返り、年度初めに示した組織的・継続的な研修の実施についての4つの視点が具現化できたかどうかについて、PDCAサイクルシートや各学校から持ち寄った研修資料を見せながら、学校の規模別グループで話し合いました。また、庭代台中学校の小林主幹教諭より、全教職員が同じ授業を参観し、協議会を開催したことや、他市への視察にいったこと生かし、3学期にチーム研修を実現していることなどの実践報告がありました。組織的に取り組むことやテーマを持つことの重要性を、後半は、今年度を次年度に引き継ぐ工夫として、渡邉(耕)指導主事より「到達目標やプロセスの設計をめざした年度末反省のありかた」の例が紹介されました。
受講者からは「組織的にするには、それぞれの思いを表出する場が必要だと分かりました。」「これまでのやり方に少し工夫をするとできそうだと思いました」等の感想が聞かれました。


画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

授業改革〈コア・ティーチャー〉による公開授業(小学校算数)

平成30年1月29日(月)、「授業改革〈コア・ティーチャー〉による公開授業(小学校算数)」を実施しました。
教育センターでは、優れた指導実践を行い、教科教育等をけん引している教員を〈コア・ティーチャー〉に認定し、その教育指導技術等を広く発信・普及させることにより、本市の教育水準の向上を図っております。
授業改革〈コア・ティーチャー〉の一人である八田荘西小学校 中川 貴友 主幹教諭が小学4年「立体(全9時間の第6時)」を公開しました。
「直方体の展開図を考え、かく」という本時の目標に向け、前時に学習した立方体の展開図と関連付けながら学習が展開していきました。また、具体物として、構成要素となる3種の面の画用紙を配り、それを並べる活動を通して、重なる点や辺など図形の位置関係を意識しながら子どもたちは考えていました。
協議会では、「教材研究の進め方」「少人数指導の進め方」「板書」等、少人数指導におけるご自身の役割や指導の工夫について話され、その後、受講者からの感想や質問等を通して、日々の算数指導における工夫等を学ぶことができました。
受講者からは「具体物の準備や既習事項を振り返りながら見通しをたて、授業をすることが大事だと思いました」「向かい合う面は同じ形ということを理解するのに、具体物操作を経験することが大切だと思いました」「少人数指導のあり方や評価方法などを教えていただき、ありがとうございました」等の感想が聞かれました。


画像1 画像1 画像2 画像2

中学校理科スキルアップ研修「中学2年 電気」を実施しました。

 平成30年2月27日(火)、中学校理科スキルアップ研修「中学2年 電気」を実施しました。
 研修会では、大阪科学技術センターの脇島修先生の指導により、「静電気」をテーマに箔検電器の作成や、静電モーター、静電誘導の原理等を、実験を通して学びました。
 受講者からは「身近な科学現象である静電気について、体験しながら理解することができました。」「もの作りを実際の授業でも取り入れたいと思います。」などの感想が寄せられました。

 教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修会などを実施して先生方を支援し、子どもたちの科学的な見方や考え方を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第11期「堺・教師ゆめ塾(第13回)」模擬授業2

 平成30年3月4日(日)ソフィア・堺において、第11期「堺・教師ゆめ塾(第13回)」模擬授業2を実施しました。
 授業後、塾生同士で成果や課題、改善点について協議をし、最後にゆめ塾担当指導員や指導主事から指導助言がありました。
 塾生からは、「授業をするために、教材研究が大切であることを改めて実感しました。」「既習事項を確認したり、前後の単元とのつながりを意識したりして学習計画を立てるということが大切だと学びました。」「子どもの反応を予想し、子どもの思考が深まる切り返しや発問ができるようになりたいです。」などの感想がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

授業改革<コア・ティーチャー>による公開授業(中学校数学)

 平成30年2月19日(月)、「授業改革〈コア・ティーチャー〉による公開授業(中学校数学)」を実施しました。
 授業改革〈コア・ティーチャー〉の一人である五箇荘中学校 福元 仁美 教諭が中学1年数学「資料の活用」の単元の授業を公開しました。
 福元教諭は数学で学んだことを実生活や次の学習等にも生かす態度を養いたいと考え、身近なことから課題設定ができるように、日頃から他教科との関連に留意し、計画的に取り組みを進めています。本単元では、事前に朝の読書量や冬休みの学習時間、睡眠時間、百人一首大会の結果等を他教科等と連携して記録に残していました。
 本時はそれらの記録をグループごとに表やグラフに整理し、調べたことを発表し合い、代表値や散らばりなどに着目して、資料の傾向を読み取ることを目標にしています。発表後の振り返りで、生徒からは「根拠を示して説明することが大切だと分かった」「代表値の見方は人によって異なる」などの意見が出されました。
 協議会では、「生徒の主体的に学ぶ姿に感心しました」「数学で学んだことを実生活にどう生かすか、実感を持たせた授業でした」「時間的な制約がある中で、他教科、学年などと協力しながら授業を進めていく事が大切であると改めて知ることができました」等、受講者から感想が聞かれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130