堺市ロゴ
科学教育フェスタへの事前申し込み期間は終了しました。

中学校理科スキルアップ研修「中学1年 地学」を実施しました。

 平成29年11月24日(金)、中学校理科スキルアップ研修「中学1年 地学」を実施しました。
 研修会では、佛教大学の平田豊誠先生の指導により、深成岩の生成期間や、砂は花崗岩の風化によってできること等、誤解しやすい概念を実践を交えて学びました。また、「雲のでき方」も実験を通じて体験しました。
 受講者からは「身近な地域の地質が理解できてよかった。」「子どもたちに地学での時間的・空間的な見方を養っていきたいです。」などの感想が寄せられました。

 教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修会等を実施して先生方を支援し、子どもたちの科学的な見方や考え方を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第11期「堺・教師ゆめ塾(第6回)」スペシャリスト講座1

平成29年11月5日(日)ソフィア・堺において、第11期「堺・教師ゆめ塾(第6回)」スペシャリスト講座1を実施しました。
 NPO法人ジャパンハート代表 吉岡 秀人さんを講師に迎え、「儚き”いのち”の灯火を繋ぐ〜日本の医療界から飛び出した医師の軌跡〜」と題してご講演をいただきました。
「できないと思っている間は、何もできない。」とどんな状況であっても、日々の努力を積み重ねてこられた経験に基づくお話は、塾生にとって自分自身の今後の生き方を考える機会となりました。「教師の仕事は、世界をよくする人をつくることである」という吉岡さんの言葉が印象的でした。
塾生からは、「吉岡先生のお話を聞いて、目先の利益に飛びつくよりも、ゴールでどうなりたいかを考える、人生を長い目で見て、一時の努力ではなく、継続的な努力が大切であると改めて思いました。」という声がありました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第11期「堺・教師ゆめ塾(第6回)」授業実践力養成講座3

平成29年11月5日(日)ソフィア・堺において、第11期「堺・教師ゆめ塾(第6回)」授業実践力養成講座3を実施しました。
  教育センター 渡邉 耕太 主任指導主事が講師を務め、「指導案のつくり方〜よりよい授業をめざして〜」の講義とグループワークを行いました。
塾生は、「堺版・授業スタンダード」に基づく授業の組み立て方と指導案のつくり方についての講義を受け、グループワークを通して、事前課題として作成した指導案について検討しました。さらに、ノートの事例から評価を考え、「評価と指導の一体化」について学ぶ機会となりました。
塾生からは、「なぜ指導案をつくるのか初歩的なことからよく分かりました。指導案を練り直し、よりよい授業をめざしたいです。」という感想を聞くことができました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「授業改革〈コア・ティーチャー〉による公開授業(中学校国語科)」を行いました

 平成29年11月9日(木)堺市立上野芝中学校第1学年3組教室を会場として、杉本教諭による「コア・ティーチャー公開授業(中学校国語科)」を実施しました。
 単元名は、「いにしえの心に触れる、蓬莱の球の枝―『竹取物語』から」です。本単元では、単元を貫く言語活動として、「『竹取物語』が現在まで愛され続けているのはなぜかについて、引用を用いて自分の考えを紹介する」を位置づけています。
 これまでに、生徒たちは、教科書本文を読み、『竹取物語』が愛されている理由について仮説を立てています。そのうえで、この物語に登場する貴公子たちのいずれか一人が登場する場面を選んでいます。そして、『竹取物語』の該当する場面の原文を読み、仮説の根拠となる記述を整理し、分析していきます。
 本時では、選んだ場面ごとにグループになり、意味の分からない語を古語辞典で調べたり、書いてあることや貴公子の人物像などについてグループ内で相談したりして得た分析結果をYチャートという思考ツールにまとめていきました。
 中学校になってはじめての本格的な古典で、現代語との違いに困難は感じつつも、自分が選んだ場面であることが大きな動機となって、生徒たちは意欲的に『竹取物語』を読んでいました。グループで読み進めていく中で、指導者はグループを回り、疑問に答えたり、その当時の時代背景等を説明したりするなど個別指導を行っていました。
 授業後の協議会においては、
・グループ編成にあたっての考え方
・Yチャートという思考ツール
・中学校における古典の指導法
などについて、杉本教諭と受講者とで質疑応答がありました。
 受講者からは、「身に付けさせたいことは何かをはっきりと決め、指導者が多くを語らず、子ども自らが考える指導でした。そのために、様々な工夫をされているのに気付きました」「杉本先生は、とても優しく、かつ、丁寧な姿勢で生徒に接していました。自分もそのような姿勢を見習っていかなければならない」などの感想がありました。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

小学校理科教材研修会「4年 ものの温度と体積」

 平成29年11月1日(水)と8日(水)、堺市教育文化センター(ソフィア・堺)において、小学校理科教材研修会「4年 ものの温度と体積」を実施しました。

 研修会では、小学校学習指導要領から「金属、水、空気と温度」で扱う指導内容の確認をしました。続いて、この単元では、熱いお湯やガスコンロなどを実験に使用するので、児童の火傷などの事故防止に向けての注意点を学びました。また、大量のお湯を実験に用意する必要があるので、その準備の具体的な方法も提案しました。
 単元の導入として「お湯の中に、しぼんだボールや空のマヨネーズ容器などを入れると、どのような変化が起きるのかな?」を体験し、「お湯(温度の変化)によってボールの大きさ(空気の体積)が変化するのではないかな?調べてみたい。」という問題意識をもたせて学習を進めることを確認しました。その後は、授業展開に応じた実験教材の実習を順次行い学校で行う実際の授業に備えました。
 受講者からは、「自分が先に経験できて子どもの気持ちで実験できるので、何が児童の指導に必要なのかよくわかりました。」「学校でお湯を大量に準備する方法を教えていただき役に立ちそうです。」「水や空気の温度による体積変化を、一人ひとりで実験する方法は役立つと思いました。」などの感想が寄せられました。

 教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修会などを実施して先生方を支援し、子どもたちの科学的な見方や考え方を養っていきたいと考えています。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

授業改革〈コア・ティーチャー〉による公開授業(小学校算数)

平成29年10月27日(金)、「授業改革〈コア・ティーチャー〉による公開授業(小学校算数)」を実施しました。
教育センターでは、優れた指導実践を行い、教科教育等をけん引している教員を〈コア・ティーチャー〉に認定し、その教育指導技術等を広く発信・普及させることにより、本市の教育水準の向上を図っております。
授業改革〈コア・ティーチャー〉の一人である槇塚台小学校 松阪 一樹 教諭が小学5年「表や式を使って(全5時間の第4時)」を公開しました。
伴って変わる2つの数量の関係を図や表を用いて考察し、その関係を式に表して問題を解決するという本時の目標に向け、松阪先生は子どもたちとの対話を楽しみながら授業を展開されました。
協議会では、受講者からの感想や質問等を通して、本時の学習活動の意図や松阪先生の日々の指導における工夫、算数授業に対する考え方等を学ぶことができました。
受講者からは「日頃から子ども一人一人の学習意欲を大切にして発表のスキルもつけさせながら算数授業を行おうと思いました」「子どもを育てる大切さを学んだ。育っている子どもたちはとても楽しそうに学習している」「子どもたちが考えたい!と思えるような授業を今後心がけたい」等の感想が聞かれました。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

◆第69回堺市学校理科展覧会 特別賞 その7「堺科学教育振興会長賞」◆

 平成29年9月16・17日に開催した第69回堺市学校理科展覧会では、市内小・中・高・支援学校の児童生徒の理科研究物や製作物20,100点の中から優れた作品785点を展示しました。また、その中から7点を特別賞に選定しました。
 特別賞に選定された特に優秀な作品をシリーズで紹介します。

◆最も生活に密着し実用的な作品◆
<堺科学教育振興会長賞>「よく回る風車のけんきゅう」
原山台東小学校 第4学年 宮本明果さん

「よく回る風車とはどのようなものか興味を持ち、羽根の数や材料、大きさ、形を変えて実験をしました。また、その羽根を使って風力発電ができるか、光電池モーターとLEDを使って確かめました。」
画像1 画像1

◆第69回堺市学校理科展覧会 特別賞 その6「教育委員会賞」◆

 平成29年9月16・17日に開催した第69回堺市学校理科展覧会では、市内小・中・高・支援学校の児童生徒の理科研究物や製作物20,100点の中から優れた作品785点を展示しました。また、その中から7点を特別賞に選定しました。
 特別賞に選定された特に優秀な作品をシリーズで紹介します。

◆食品衛生に関する作品の中で最も優れたもの◆
<教育委員会賞>「大根おろしに医者いらず」
東百舌鳥中学校 第1学年 佐々木拓真さん

「大根おろしには、様々な消化酵素が含まれていて、殺菌効果などもある事から、昔から『大根おろしに医者いらず』と言い伝えられてきました。この大根おろしの効果について、調べました。」

画像1 画像1

小学校理科教材研修会「5年 流れる水のはたらき」

 平成29年10月18日(水)、25日(水)、堺市教育文化センター(ソフィア・堺)において、小学校理科教材研修会「5年 流れる水のはたらき」を実施しました。
 研修会では、まず、小学校学習指導要領における指導内容の確認をしました。続いて、教科書の川の写真から考えられる問題づくり、雨の日の校庭の水の流れの観察、上流の石と下流の石の違いについての観察・実験、デジタル素材の有効な活用方法などについて考えました。
 受講者からは、「単元の導入から終わりまでの指導の流れが理解できて良かった。」「映像教材の活用の際に観点をしっかりと持たせることが重要だと分かった。」「曖昧だった実験の方法もしっかり教えていただき、良かった。」などの感想が寄せられました。
 教育センター科学教育グループでは、これからもこのような研修会などを実施して先生方を支援し、子どもたちの科学的な見方や考え方を養っていきたいと考えています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

◆第69回堺市学校理科展覧会 特別賞 その5「毎日新聞社賞」◆

 平成29年9月16・17日に開催した第69回堺市学校理科展覧会では、市内小・中・高・支援学校の児童生徒の理科研究物や製作物20,100点の中から優れた作品785点を展示しました。また、その中から7点を特別賞に選定しました。
 特別賞に選定された特に優秀な作品をシリーズで紹介します。

◆製作物の中で最も優れたもの◆
<毎日新聞社賞>「動物の歩き方の研究と製作(ウサギ編)」
浜寺中学校 第1学年 杉前郁和さん

「ぼくは、家で飼育しているウサギの歩き方を研究し、紙で骨格を、アイスキャンデーの棒で筋肉、モーターと電池を使って本物のウサギに似せた動く骨格模型を製作しました。」
画像1 画像1 画像2 画像2

第11回堺サイエンスクラブを実施しました。

 平成29年11月4日(土)、第11回堺サイエンスクラブの活動として、大阪府立大学の白鷺祭に参加しました。白鷺祭では各研究室が研究している内容を一般に公開して、最先端の科学を知る機会を提供しています。
 堺サイエンスクラブ生は、実際に大学の研究室を訪問し、海上での風力発電の研究や、超電導物質の効率の良い作成方法の研究など、最先端の科学を学びました。
 身近な先輩として直接大学生から説明を聞き、科学への興味関心をより高める大変貴重な体験ができました。

 このような活動を通じて研究の基礎を学習し、堺から「未来の科学者」を育みたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第10回堺サイエンスクラブを実施しました。

 平成29年10月28日(土)、第10回堺サイエンスクラブの活動として、大阪府立大学で行われたイベント「なかもず科学の泉」に参加しました。「なかもず科学の泉」は、学生による様々な科学実験を通して科学の面白さや楽しさを伝える教育プログラムとして実施されています。
 堺サイエンスクラブ生は、「静電気の世界〜電気のふしぎ〜」ブースにおいては発生させた静電気でものを動かしたり、「放て!空気砲!」ブースにおいては空気砲を通じて空気の流れなどを学習、体験したりしました。
 堺サイエンスクラブ生は、実際に大学を訪問し、身近な先輩として大学生の方から説明を聞き、科学への興味関心をより高める大変貴重な体験ができました。

 このような活動を通じて研究の基礎を学習し、堺から「未来の科学者」を育みたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

◆第69回堺市学校理科展覧会 特別賞 その4「読売新聞大阪本社賞」◆

画像1 画像1 画像2 画像2
 平成29年9月16・17日に開催した第69回堺市学校理科展覧会では、市内小・中・高・支援学校の児童生徒の理科研究物や製作物20,100点の中から優れた作品785点を展示しました。また、その中から7点を特別賞に選定しました。
 特別賞に選定された特に優秀な作品をシリーズで紹介します。

◆研究物の中で最も優れたもの◆
<読売新聞大阪本社賞>「魚は色がわかるのか〜サビキで実けん〜」
八田荘小学校 第4学年 船附大和さん

「サビキ釣りをする中で感じた、「魚は色がわかるのか」という疑問を解決するため、しかけに色を塗って色による釣果の違いを比べました。またアジの解剖を行い、体の仕組みについても調べました。」

◆第69回堺市学校理科展覧会 特別賞 その3「産経新聞社賞」◆

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 平成29年9月16・17日に開催した第69回堺市学校理科展覧会では、市内小・中・高・支援学校の児童生徒の理科研究物や製作物20,100点の中から優れた作品785点を展示しました。また、その中から7点を特別賞に選定しました。
 特別賞に選定された特に優秀な作品をシリーズで紹介します。

◆環境に関する作品の中で最も優れたもの◆
<産経新聞社賞>「池の水ヘドロ浄化大作戦PART2 ヘドロの逆襲」
浅香山中学校 第1学年 岡咲耶さん

「ヘドロの浄化と発電の研究の為、微生物燃料電池を作製し実験を行いました。電圧を上げる為、缶の本数を増やしてみたが電圧が上がらない。手回し充電を行うことで高い電圧と電流を貯えることができました。」

◆第69回堺市学校理科展覧会 特別賞 その2「朝日新聞社賞」◆

画像1 画像1
 平成29年9月16・17日に開催した第69回堺市学校理科展覧会では、市内小・中・高・支援学校の児童生徒の理科研究物や製作物20,100点の中から優れた作品785点を展示しました。また、その中から7点を特別賞に選定しました。
 特別賞に選定された特に優秀な作品をシリーズで紹介します。

◆最も創意工夫に富み独創的な作品◆
<朝日新聞社賞>「うちわの風は不平等!?」
東百舌鳥小学校 第6学年 喜多羅咲玲さん

「暑い夏によく見かけるうちわ。うちわは、普通にあおいでもすずしいけれど、どうすればもっと風が強くなるのかと思い、形や大きさ、持ち手の長さなどを変えて調べました。」
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
堺市教育センター
〒599-8273
堺市中区深井清水町1426番地
TEL:072-270-8120
FAX:072-270-8130