堺市ロゴ
陵南中学校のホームページにようこそ! 

陵南 Art Gallery 作品18

画像1 画像1
この作品のタイトルは【I】です。
「ボクは」「自分は」ということでしょう。

スポーツや音楽、アート、サイエンス、自動車など、やりたいことや興味・関心があることがたくさんあるんでしょうね。
でも、時計に象徴されるように、時間が制約されている。
なので、どれにも十分手をつけられていない。

そこに“Reason”=「理由・動機」が問われている、求められている。
act in accordance with reason
理性に従って行動する

自分のやりたいことをやる理由づけどうしたものかと、その悩みを表しているのでしょうかね。


明日から、期末テストです。


テスト勉強しなければいけないんだけど、別にやりたいことがある。
でも、テストがあるし。
テストを捨てて、やるほどのことでもないし。
うーむ、悩むなぁ。

そんな心境でしょうか。

下校風景

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
下校時の高田門、西村門、正門のようすです。
テスト前ということで、友だちと暗唱しながら歩いている人がいました。

さつまいも畑(植え付けから1週間)2

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
一見、枯れてしまったように見える苗がいくつかあります。
心配になった生徒が、一つ掘り起こしてみました。
すると、植え付け時には無かった白い根が節から伸びています。
大丈夫、地中でしっかりと育っているようです。

さつまいも畑(植え付けから1週間)1

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
さつまいもの苗の植え付けから1週間が経ちました。
メンバーが入れ替わりながら数名で水やりをやってくれています。

下の写真は、畑のすぐ横にアリの巣を見つけた様子です。
「アリも集まるほど良い畑なんやろな〜」という会話をしていました。

1年生 城の山交流会の招待状づくり

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
百舌鳥支援学校との城の山交流会へ向けて、招待状づくりを行いました。
生徒それぞれが、喜んでもらえそうなデザインを一生懸命考えています。

1・3年生のマイスタディ

城の山学校図書館で、1・3年生のマイスタディを実施しています。

期末テストに向けて、各自が持ってきている教材をもとに教えあいながら、時にはスタッフの方に指導を受けています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年生マイスタディ

地域の方々に勉強のサポートをして頂けるマイスタディ。2年生は今年も参加希望人数が多く、2年生だけ他学年とは別に1部屋用意しての実施です。自分のペースで。でもすぐに講師の先生や友だちに勉強を聞ける落ち着いた良い雰囲気ですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年生、今日の道徳は2本立て2

前回の道徳でいじめについて考える授業が終わっているクラスは、いよいよ職業体験にむけてスタートです。心理テストのようなワークショップのプリントを使って自分の個性に合った職業などを分析していました。1学期末には職業講話もあります。少しずつ準備が進んでいます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年生、今日の道徳は2本立て1

今日の2年生の道徳は、いじめについて見直すために、有名人の体験談を読み、感想などに振り替える活動をしていました。いじめの範囲って人それぞれ。自分がこれくらい…と思っていても、相手にはどう伝わっているか。そんな気持ちを考える貴重な時間となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

自分の進路は、自分で考える

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
6月23日(金)の6校時、3年生全員が体育館で進路学習。

進路指導主事の土居先生から、【進路選択のてびき】をもとに説明を受けていました。
そろそろ、自分の進路選択を、自分で考える時期がやってきたんですよね。


ところで、この【進路選択のてびき】の「はじめ」に、下記のような文章を書かせてもらいました。


未来の自分への責任
            校長  東 孝彦
 最近のニュース報道などで、よく「人工知能(AI)」という言葉が使われています。
 人工知能(AI)とは、「人間の脳が行っている知的な作業を模倣したコンピュータプログラム」であり、これからますます進化・発展し、我々の生活・社会を変えることになるでしょう。
 しかし、人工知能(AI)がどんなに進化し思考できるようになったとしても、その思考の「目的」を考えることができるのは、人間だけなのです。目的の良さ・正しさ・美しさを判断したり、複雑な状況変化の中で目的を再構築したりする力は、人間だけがもつ最も大きな強みなのです。
 人工知能(AI)の進歩は、「今の子どもたちの 65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く」、「今後 10〜20 年で、雇用者の約 47%の仕事が自動化される」といった予測もあるように、予測不可能な激しい社会の変化があるのです。
 このような将来の変化を予測することが困難な時代を皆さんは生きていくことになります。
 
 さて、中学生は「進路を考える」というと「高校の受験先を考える」ことになりがちですが、少し先のこと、自分が大人になった時のことを考えてみてはどうでしょうか。あるいは、自分が仕事をしているイメージを想像してはどうでしょうか。あるいは、社会人として活躍している自分には、どんな能力が備わっているのが理想なのか想像してみてください。
 自分が大人になったことから逆算して中学校卒業後の自分の進路について考える。
 逆算しても「何をすればいいのかわからない」、あるいは、「わからないことがわかった」のならば、その時こそ、あなた自身が「進路を考える」段階になったのです。
 自分の進路なのですから、社会の変化に受け身で対処するのではなく、自分の将来を考え、それに向けた自らの課題を発見し、その解決に向けて自ら考える
 将来の自分を十分考えない状態で進路を考えることは、「未来の自分への責任」を果たさないことになるのではないでしょうか。

 「未来の自分への責任」を果たすためにも、この冊子「選択のてびき」を活用するなど、進路を考え、選択できる「今の自分」を大切にしてください。


1年生 保健の授業

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
手首や首に手を当てて、どこが脈をとりやすいかを確認し、20秒間の脈拍数を測ってみました。
自分たちの身体の仕組みや働きを知り、勉強することも大切ですね。

2年生 家庭科 旬の食べ物

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
プリントに載っている野菜・果物のそれぞれの旬はいつなのか、話し合いながら確かめ合いました。
「みかんといえば夏やろ」
「それは夏みかんちゃうか」
「みかん(温州みかん)は、こたつに入って食べるイメージやから冬やで」
「じゃあ、はっさくは・・・」
などと、活発な議論がされていました。

農業技術の発達や輸入などにより、多くの食材が1年中手に入りますが、今もなお、旬の食材は他の季節に比べて栄養豊富で美味しく、しかも安価で手に入ります。
みなさんのこれからの生活にも役立つことなので、ぜひ覚えておきましょう。

「もず野七町散歩マップ」

先日、書店(ときはま線沿いのブックス★ァミリア)に立ち寄ったとき、レジ横に写真の「もず野七町散歩マップ」が置かれ、販売されていました。
見本を手に取り見てみると、陵南中学校区のことがたくさん書かれています。
今年1月に発行されたもので、販売価格は税込み300円です。

この本は、「魅力あふれる百舌鳥野をつくる会」が2年もの歳月をかけて作成されたものです。
その編集後記を紹介します。
「かつて百舌鳥野を流れる川のほとりには、竪穴式住居が建ち、古墳造りに携わる何百、何千の人たちによる生活が営まれていました。その後も南北朝時代に合戦に加わったお家や南朝ゆかりのお寺、足利将軍の座をめぐる合戦に使われたという中世の砦、戦国大名ゆかりの住宅、根来・雑賀一揆の兵火で焼かれた寺院など、百舌鳥野の人々は歴史の様々な局面に様々な形で関わってきました。(後略)」

自宅近くや毎日の通学途上で見ている道端の地蔵尊、神社、寺、歴史的建造物、街道、里道、川に架かる橋など119か所について、コンパクトにまとめられています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

陵南マイスタディ

画像1 画像1
放課後にマイスタディを実施しています。

2年生は中館4階の多目的室で、1・3年生は城の山記念図書館で開催しています。
地域の方にスタッフとして入っていただき、目前に迫っている期末テスト対策などを中心に、放課後の時間を有効に活用しています。
画像2 画像2

食券を忘れずに!!

画像1 画像1
画像2 画像2
配膳室での給食の受け取りは、その日の食券を配膳員さんに渡して、それと引き換えに給食が渡されます。
配膳員さんは、みなさんから受け取った食券に書かれている名前、日付、サイズを確認してから給食を渡しています。
しかし、その食券を持たずに配膳室に来る人が毎日何人かいます。
食券を持ってこない人が多くなると、配膳員さんが名簿を確認するまで配膳室で待機してもらうことにもなるかもしれません。
食券はなくさないようにきちんと自己管理しましょう!
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
堺市立陵南中学校
〒591-8033
堺市北区百舌鳥西之町1丁75番地
TEL:072-252-1801
FAX:072-252-1802

ryonan-j@sakai.ed.jp