堺市ロゴ
7のつく日は,「7つのやくそくデー 」「早寝・早起きの習慣をつけよう!」「朝ごはんを毎日食べよう!」「家族との対話を大切にしよう!」「学校にもっていくものを前日にたしかめよう!」「宿題など自分から進んで勉強しよう!」「テレビやゲームの時間を決めよう!」「本を読む時間をつくろう!」 

10月6日(金) 6年 アセアン交流 給食

 昨日のアセアン交流の6年生の給食の時間の様子です。6年生には、民間大使のレデンさんが来てくださいました。レデンさんの左側にいらっしゃるのは、堺国際交流教会の民間大使随行ボランティアの方です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10月6日(金) 5年 アセアン交流 給食

 昨日のアセアン交流の5年生の給食の時間の様子です。5年生には、二人の民間大使の方の大学の先生であるヒエイダさんが来てくださいました。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月6日(金) 4年 アセアン交流 給食

 昨日のアセアン交流の4年生の給食時間の交流の様子です。4年生は、民間大使のマリアンさんと一緒に給食を食べました。クラス全員で机を輪になって並べて食べました。楽しく会話しながら楽しい給食となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

8月24日(木) ワールド子どもの集い

 本日、本校を会場に堺市在日外国人教育研究会と堺市教育委員会共催によるワールド子どもの集いが開催されました。ワールド子どもの集いは、堺市の学校園に在籍する外国にルーツを持つ子どもたちの交流会行事です。本校からは、多文化学級に通う6人の子どもたちが参加しました。6人の子どもたちは、開会式のなかでフィリピンの楽器「トンガトン」の演奏披露を行いました。約150人の参加者の前で演奏するのはとても緊張することですが、多文化学級で学んだ演奏をしっかりと落ち着いて披露することができていました。演奏を終えた時のフィナーレのポーズも見事に決まり、とてもカッコ良かったです。
 写真は、世界の遊びコーナーのバンブーダンス(フィリピンの遊び)、中国の遊び(太極重力球)で遊ぶ子どもの様子と、トンガトン演奏後の記念写真です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7月19日(水) 3年 民族学級・多文化学級の活動紹介

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日、民族学級と多文化学級で学んでいるの児童が、1学期の活動を学級で紹介してくれました。民族学級で学んでいる児童からは、「タッシルム」という片足を持ってする相撲を紹介してもらいました。2組に分かれて対抗戦をしました。「タッ」は、にわとり、「シルム」は、相撲の意味があります。
 続いてペンイ大会をしました。女の子チームと男の子チームでそれぞれ優勝者を決め、とても盛り上がりました!(^^)! みんな長い時間回せるのですごいです!!
 多文化学級で学ぶ児童からは、中国のこまを紹介してもらいました。トラヂタイムで経験しているので、みんな上手に回せるようになっていました(*^-^*)

5月19日(金) 体育大会予行演習 チェギ・ザ・ワールド

 今日の予行演習の後半には、全体競技の「チェギ・ザ・ワールド」を行いました。チェギは韓国・朝鮮の遊びです。羽根の付いたおもりを足で蹴って遊びます。体育大会では、低・中・高学年に分かれて、決められた時間内にいくつの羽根を枠の中に入れられるかを競います。今日の練習では、羽根の数を数える時、民族学級、多文化学級で学ぶ子どもが前に出て、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タガログ語で数えました。それを聞きながら他の子どもたちも一緒に発音して数えました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5月11日(木) トラヂタイム 2

 トラヂタイム後半は、「チェギ・ザ・ワールド」の練習です。グループに分かれて、チェギチャギを楽しみました。今日の練習の成果が体育大会の本番で生かされ、競技が盛り上がることを期待します。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5月11日(木) トラヂタイム 1

 6時間目はトラヂタイムの時間でした。体育館で縦割りの班で集まって体育大会で行う全体競技「チェギ・ザ・ワールド」の練習をしました。チェギは、韓国・朝鮮の遊びで正しくはチェギチャギといいます。紙や布で包んだおもりを地面に落とさないように足で蹴り上げる遊びです。体育大会では、一定時間にチェギをけって枠の中に入れ、その数の合計で勝敗を競います。チェギの数を数える時に本校に在籍する外国にルーツのある子どもの国の言葉で数えます。トラヂタイムの前半では、その数え方をみんなで練習しました。最初に朝鮮語、続いて中国語、タガログ語、ポルトガル語の数え方を練習しました。中国語やタガログ語やポルトガル語は、多文化学級の子どもが前に出て、発音の手本を聞かせてくれました。その子たちの発音の素晴らしさに子どもたちはびっくりしていました。美しい発音を聞かせてくれた多文化学級の子どもたちは、どの子もとてもうれしそうにしていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5月3日(水) 民族学級 高学年 はじまり

 先週の金曜日、4月28日に高学年の民族学級がスタートしました。民族学級は、韓国・朝鮮にルーツのある児童が自分の民族の言葉や文化を学ぶことを通して自尊感情を高めることを目的として、課外で行っている学習の場です。学ぶ希望があればルーツがなくても参加を認め、ルーツのある友達の国の文化を学ぶことを通して共生の心の育成につながればと考えています。高学年の今年は歴史を中心に勉強していきます。一回目は「王仁博士」の復習と渡来人の歴史を勉強しました。6年生の社会科でも勉強していることもあり、知っていることをたくさん伝えてくれました。また、ハングルカルタ2を通して、言葉の数を増やしていってほしいと思います。
画像1 画像1 画像2 画像2

5月3日(水) トラヂタイムはじまりの会

 先週の金曜日の4月28日に今年度のトラヂタイムがスタートしました。トラヂタイムは、外国にルーツのある児童と日本人児童の交流を通して相互の理解を深め、少数の外国にルーツのある児童の自尊感情を高めるために行う活動で、本校独自の人権教育の一環として行っている集会活動です。4月のトラチタイムは、はじまりの会ということで、今年一年間一緒に活動するグループの自己紹介をしました。ただふつうに自己紹介をするのではなく、5つの国のことばのあいさつを入れて、自己紹介をしました。上級生が下級生にやさしく声かけをする場面が多くみられました。外国のあいさつは、みんなさらりと上手に言えていました。友達の国の言葉を覚えられるように、今年は「メッセージ」という外国のあいさつが入った歌を一年かけて歌っていきます。みんなで楽しく覚えていきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4月12日(水) 民族学級 多文化学級 民族講師紹介

 対面式に続いて、本校の特色である多文化共生の取り組みにかかわる民族学級、多文化学級とその指導にあたっている民族講師の紹介を行いました。校長から堺市には外国にルーツのある子どもたちが堺市立の学校園にたくさん在籍し、本校にも同様に外国にルーツのあるお友達が在籍していること、民族学級や多文化学級は、そんなお友達が自分のルーツの国の文化や言葉を学ぶ場であることを説明し、その指導に当たっている朴先生(パク ソンセンニム)を紹介しました。続いて朴先生から活動の意義や内容についてのお話がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
12/18 6年茶の湯体験(利晶の杜)
12/21 給食終了
12/22 終業式 全市一斉下校指導 集団下校11:30
堺市立少林寺小学校
〒590-0963
堺市堺区少林寺町東4丁1番1号
TEL:072-232-1126
FAX:072-232-1128

shorinji-e@sakai.ed.jp