堺市ロゴ
7のつく日は,「7つのやくそくデー 」「早寝・早起きの習慣をつけよう!」「朝ごはんを毎日食べよう!」「家族との対話を大切にしよう!」「学校にもっていくものを前日にたしかめよう!」「宿題など自分から進んで勉強しよう!」「テレビやゲームの時間を決めよう!」「本を読む時間をつくろう!」 

4月16日(月) 創立記念集会

 次の日曜日、4月22日は本校の創立記念日です。そこで今朝は、朝礼に代えて創立記念集会を行い、本校の146年の歩みについての話をしました。
 本校の創立は、1872年、泉州第九区県学分校として、旭蓮社というお寺の中に仮設開校したのが始まりとされています。場所は寺地町東2丁でした。1年後、仮設の学校は、宿院町東2丁(住吉大社の近く)に移転し、校名は堺第4小学と改められました。さらに2年後、校名は、地名をとって宿院小学となりました。1887年、宿院小学は、宿院尋常小学校と改名しました。1901年には、児童数は千人を超え、新たに開校した英彰尋常小学校に一部の子どもが移りました。
 1909年に今の少林寺小のある場所に移転し、学校名も少林寺尋常小学校と改められました。当時宿院の名前を残すようにと、学校名を変えることに反対意見が多く、大問題になったそうです。結局少林寺東4丁の地名をとって校名に少林寺の名がつくようになりました。もし、この時、校名変更がなかったら、今も宿院小学校のままだったかもしれません。少林寺尋常小学校になって1年後の1910年に校歌が作られました。曲は今と同じですが、歌詞は1番から3番までありました。今の校歌は、当時の校歌の2番と3番の部分で、今は歌われなくなった1番があったのです。
 1934年9月21日に悲しい出来事がありました。超大型台風の室戸台風によって、校舎が全壊し、児童3人が亡くなったのです。他に44人が重軽傷を負いました。この台風では日本全国で3千人が亡くなっています。さらにその11年後の1945年の7月10日には、戦争による空襲で学校が焼けてしまいました。子どもたちは百舌鳥の方に集団疎開をしていました。
 終戦後の1947年、戦後の新しい憲法の下、今の校名である堺市立少林寺小学校になりました。今から71年前、創立75年目のことでした。
 そして、今年2018年4月22日、少林寺小は、創立146周年を迎えます。堺市で一番古い学校の一つです。本校区には、少林寺小の卒業生の方が多く住んでいらっしゃいます。近所や家族で卒業生の方がいらっしゃったら、当時の学校の様子を聞いてみるといいでしょう。
 この後、赴任式で紹介できなかった3人の先生を紹介しました。小中一貫教育担当で、外国語活動を指導してくださる陵西中学の岩田香織先生、市外教事務局のお仕事をなさってる阪口先生、植野先生の3人です。どうぞよろしくお願いします。
 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/20 給食終了 大掃除 下校13:20
12/21 終業式 下校11:30 全市一斉下校指導
堺市立少林寺小学校
〒590-0963
堺市堺区少林寺町東4丁1番1号
TEL:072-232-1126
FAX:072-232-1128

shorinji-e@sakai.ed.jp